2016年12月7日水曜日

大雪!空の天使!

 角館武家屋敷!二十四節気”大雪”。写真は五月人形の頃。安政時代。確かな人の業が残る。”残った物”を”見て””感じる”思考。素材、染め、技術、デザイン。暮らし、時代の実際.たった1つに写る群集!
凍っても日中の暖かさに開く花。もう少しもう少し、命のある限り咲いてみせる”花”。小劇場庭、アンネの薔薇。光速とは無関係に脈々と生きる自然.傷付き、耐え、咲く、”命”の力!生き抜く姿は、心に深く染みる。
 秋田の雪を”天使”と呼ぶ人がいた。秋田の雪を空から降るラブレターと言った人がいた。わらび劇場”和崎ハル”今年度ラスト明日の公演!”情けを忘れれば、そこはいつでも地獄になる”劇中ステちゃんの綴り方。シロタエギク!
 2013年冬の小劇場で初演を向かえた石川理紀之助。前代未聞の開演前行列が続いた。皆に慕われ、愛されたリキノスケの苦悶。版木を叩く。人の心、人の情け、人の愛を起す!500年先までも!今も鳴り響く!
ホテル花壇。キンギョソウ。リキノスケが危機感を感じていた”金”の恐ろしさ。貧しさから抜ける道はある!考える事を止めてはダメだ。世の重力に耐えながら、真っ直ぐに見つめる若者達を励ます。赤いほっぺの働き者たち!

2016年11月30日水曜日

北極星と北斎!

角館武家屋敷!漢字、かな、カタカナ。江戸に生きる!葛飾北斎。,動かぬ星、道を示す星,”北極星”を愛し、北斎の名がある。目で、心で感じる、インスピレーションは研ぎ澄まされ表現され、文化と輝く。未だ見ぬ残された宝。
遊歩道沿い、赤菊、白菊。”子供の頃からガキ大将、誰よりも強くて、優しかったゲンタ”なかいちホールロングラン第二段!リキノスケ再演!劇中歌。苦しみも哀しみも、運命を受入れ、皆を思い生きた村の仲間たち!
玉菊。遊歩道の落葉。フカフカ布団。陸路、海路。江戸期の道標。世界の道標。星!宇宙!水星には、文化人の名が刻まれている。日本からは、HOKUSAI.86歳にして”真正の画工”になりたい!描き続けた情熱。
遊歩道ブルーベリー!小さな花芽、春の予感。秋にはもう来春の準備。コブシ、モクレンは銀の花芽!世界に巻き起こる震災。全てが消えたあの日。それでも”今”生きている一瞬。”思いは残るのです”、ジュリアおたあ。
田沢湖ビールカツラ根回りに咲く紫菊。花を愛でた人は空へ!笑顔や声、教えてくれた大切な事、忘れない人の居る限り続く命。落葉を寄せるとグリーンの絨毯!一日一日寒さへ。変わらぬ物、美しい魂。助け合う命!