2017年5月24日水曜日

小満。未来への一鍬!

角館武家屋敷!節句人形の中に"武蔵坊弁慶”。五条の橋で999本の太刀を奪う荒くれ怪力無双。義経の臣下となり、加賀の安宅の関での義経打ち、忠義の僧兵。義経篭るお堂の前で矢を受けた”弁慶立ち往生”。
 歴史の種。命は続く。今会えねども、その命の繋がる事を”生命体”に感じる。ホテル裏コナラ自然林。早春咲いた"片栗花"の種。硬い殻が割れ、種が飛び散る!その種は、アリに運ばれ”8年”を経て、次の花となる。
 今年も東北の雪融けの山々に咲いた片栗花。生きる事、生きている事。未来への一鍬!命が他の命と関わり、目に見えぬ、助け合いがある事を土に生きる人間は自ずと知る。どんな命も美しい。
 ゆぽぽ、お食事処ばっきゃ前、コデマリ。真っ白な滝の如し!水の様に、太陽の様に、澱みなく降り注ぎ、流れ行く命。目に見えぬ音が聞こえて来る。それぞれの"理屈”。二宮金次郎。全てが和を成す理屈がある。
東屋庭。マツバツツジ。純白!間も無く”白”の花咲く季節。甘い香り、揺れる花。人の歩いた足跡。作り出す手職。心に残る、他者を想い、守る姿。二十四節気"小満"を過ぎ、命溢れる東北!荒波を超えて母なる海へ!

2017年5月17日水曜日

小さく満!結ぶ

 角館武家屋敷!節句人形、二宮金次郎!わらび座作品KINNJIRO!ただ今掛川へ。”学問”を暮らしに人の心に寄り添い実践した人。何とかなる!工夫、智慧、考え。”それぞれの理屈”二十四節気"小満”へ!
 ホテル前縮小庭園石組み!ミヤマオダマキ(深山苧環)。糸車。昔からそこにあったかの様に種が飛び、土に潜り、自分の場所に”魅せて”咲く。木陰ならではの美しさ。結ぶ命!土と水と太陽!
 エビネ。山野草。遠くから見ると十字の様にも、鳥が羽ばたいて居る様にも見える。わらび劇場"ジパング青春記!アミーゴ!侍に逆らうリウタ。津波に飲まれた姉を想う。悲しいとかそんなんじゃない。心は怒りで一杯だ。
 残された者の苦しみ、悲しみ。無情にも世は”普通”に動いて行く。”竜”の名を持つリウタ。人を助く名前。アミーゴ!友だちになろう、アステカのミゲルの心は、空高く飛ぶ。故郷を愛する同じ気持ち。石組みのツツジ。
武家屋敷庭。八重山吹(ヤエヤマブキ)。12代目が自ら手掛ける竹の生垣。枝垂れが美しい万葉歌を想う。故郷は、その土地の人が一鍬一鍬耕して出来たもの。愛でる心。働く手仕事。美しい風景を描く心。