2018年11月15日木曜日

田沢湖ビール 2018年度世界ビールコンペ 2年連続のW受賞!!【世界一・銀賞獲得】

本年も大変うれしいお知らせが皆様に出来ました!!

●田沢湖ビール ピルスナー●
ワールド・ビア・アワード2018ドルトムンダー部門
2年連続世界一獲得!

●田沢湖ビール アルト●
ヨーロピアン・ビアスター2018アルト部門
銀賞受賞!


ピルスナーは2014年・2017年に続き【2年連続3度目の世界一】!
アルトは2013年・2016年・2017年に続き3年連続4度目の入賞となりました!


ヨーロピアン・ビア・スターはドイツで開催され、51ヶ国・2344のビールが出品されました。
このコンペは15年前に始まり、世界の醸造業界で人気の高い賞の一つとなっています。

ワールド・ビア・アワードはイギリスで開催され、過去最大の50ヶ国から2300以上のビールが出品されました。

これからも美味しいビールを造り続けられる様、スタッフ一同ますます努力してまいります。 今後も田沢湖ビールをご愛顧いただきます様お願いいたします!!

 
※※お知らせ※※
田沢湖ビールではビール醸造士及び営業のスタッフを募集しております(正社員)。
共に世界一のビールを目指して頂ける方!是非お問合せ下さい。
詳細はこちら→http://blog.warabi.or.jp/2018/06/blog-post_25.html

2018年11月14日水曜日

国を超え!世代を超え!命1つ

角館武家屋敷!落葉が進み、やっと迎えた霜。寒さ厳しい程、命は輝く。葉を紅に染める”ヤマモミジの巨木”と”梅モドキ”の黄葉!黒塀と茅葺屋根。”人が残る”唯1つの武家屋敷。丁寧な板組の雪囲い。
 春、移植、ホテル玄関前花壇"ドリフトローズ”。生育が弱いかな、、、?何度も何度も心配そうに見つめ続けたスタッフ。秋の光と寒さの中でグングン成長が始まる。御日様に暖められ、雨に潤され、大地に息づく小さな命。
 ホテル売店、ロシアの”マトリョーシカ人形”。原太郎の仕事部屋から頂いたもの。おやじさんがいらっしゃったら、今114歳!"誓いのコイン”CD!戦の火が消える事を願い続ける愛。捕虜となったロシア兵、助けようとした日本の看護師。
 小劇場前は、武家屋敷模様に大変身!秋、社内に設置された人気の格安自販機!何と自販機を囲ったお洒落な小屋に"手すり”が!!!階段の上り下り、雪の階段は、もう安心!大道具さん有難う!本当にありがとう。
ホテル売店は、”わらび座”が一杯!。”はなれても、心は懐かしい故郷”為三さんの、オマツの名場面!身売りされる列車の中で、為三さんがオマツにくれた"ガッコ”。優しく温かい思い出は生きる力をくれる。"越えて行こう!人の道”

2018年11月7日水曜日

マキテーナイビランドー立冬!

 角館武家屋敷!紅葉が深まり、落葉も始まり、こちらの玄関門では、黒塀沿いに”ウメモドキ”(梅モドキ)。気温が下がり切らない今年の秋。最終版は、銀杏と真っ赤に変化するノムラカエデ。他の御屋敷が終る頃、最高の見頃開始。
 芸術村遊歩道沿い"ブルーベリー"の紅葉!品種によっても紅葉の仕方が違うので、見分けるポイント!雪囲い!今年も降る雪、押される雪、飛んでくる雪、様々な”重力”を考えながら木を守る策を練る。雪と共に生きる。
” 紅葉が無い”と言う沖縄へ”マキテーナイビランドー!”真っ赤なブルベーリーの押し葉を贈る。命の終わり、角館に眠る戊辰の心。最後まで生き抜いた人達の実際が又、舞台作品に蘇る。”オイは、侍ドラマー”。育つ歴史”28期”研究生記念樹。
 伐採切り株丘に”芝桜”、周りに”秋菊”を植える。日当りに咲く”春と秋”を描ける80代。教えられ移植の勘を磨く。”ユリノキ”も一面に落葉!二十四節気"立冬”。負けてはならぬ。諦めない心、対話の心。チムグリサン!美しい命。
ホテル売店を中心に飛び回るスタッフから”日本たんぽぽ”。その地域に生まれ育つ。守り育てる人たちが、商品を生み出す。たんぽぽの飴、ケーキ、コーヒー!村は1つ!リキノスケ、金次郎。友だちになろう!ブッダ。

2018年10月31日水曜日

チムグリサン!CHESTNUTS!栗

角館武家屋敷!御縁は、わらび劇場上演"平賀源内”。まさか、この地に"解体新書”があり、その挿絵を角館武士"小田野直武”が描いたとは!歴史は、掘り起こされ、涙も芸術も悔しみも、上り詰めた”芸術”も再現される。 継承!
 紅葉は日一日!気温が下がるほど、雨に濡れるほど染まる!田沢湖ビールレストラン。ヒッコリーとヤマボウシの黄葉!秋の光は澄んでいて美しい!庭が生まれて26年。修学旅行、社員旅行、NPO視察、記念樹も一緒に。
 チムグリサン!沖縄の言葉を教えてくれた人。”半分子”苦しみも、喜びも分かち合う。台湾、オーストラリア、香港、タイ、アメリカ、ロシア、様々な国のゲスト!日本は北から南まで!栗はチェストナッツ。銀河系の”奇跡”水の星!
”霜降”を期にプランター入替え!寒さに強いパンジーへ!元気一杯の苗は、”角館佐藤種苗”さん一押し!”誰も敵にはしない、、、アフガニスタンに水路を作った中村医師”。相手を思い遣る心。チムグルシイ心。ちゅら海!
ブナ林の眩しい光の中、最後の雪囲い!田沢湖高原ゆぽぽ山荘!管理人、藤原さん、キツ子さん、ありがとう!本当にありがとう!源泉掛け流しの天然温泉を何年も掛けて調整し、御客様一番のおもてなし!忘れない。

2018年10月24日水曜日

栗名月!天楽四方の神人(カミンチュ)

 角館武家屋敷!茅葺屋根を創る!壊れを繕う!”手職”、感性。季節を”感じ”、暮らしを”想像”する。美と祈り。秋の十五夜は本当に大きく美しい!季節の名に"栗”。御当主と”わらび座”栗城演出トークは”謹吾”初日!
 わらび座舞台美術を手掛けるスタッフが庭をキャンパスに変えた!紅葉の始まった芸術村、アーチから見える"わらび劇場"6年過ぎれば50周年を迎える!訪れる人、働く人、地域の人、全てのゲストに愛されるビレッジ!
 遊歩道中央。真っ赤に実る"カマツカ”。撓る(しなる)枝は、農具や、太鼓のバチにも使われたと言う。バラ科、花はリンゴの様な真っ白で可憐な姿!後ろに”アメリカセントラルパーク”から来たドングリ"アメリカアカナラ"が育つ!
 ”天楽四方”に音は輝く!沖縄の神人(カミンチュ)。翁長さんの涙の烽火!若いデニーさんの覚悟!皆を思い続けた亀次郎氏と重なる。ちゅら海!海の中に母が居ますよ、、泣き虫の”龍馬”に話してくれた御母さん。"愛”。
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。"囲炉裏の周りに寄れ、膝付き合って寄れ、、、”初めて聞く原太郎”おやじさんの合唱曲!”人の声だけ”で響く美しい賛美歌の様な歌。人間の可能性、暮らしの中にある心!強さ、優しさ、思い遣り。

2018年10月17日水曜日

希望を起こす!

 角館武家屋敷!御子孫が継承、直接経営される唯一の御宅。御案内は勿論、季節に合わせた展示も楽しい!玄関に飾られる手桶花、手入された庭、英語表記を入れ、実際に海外の御客様に英語案内!夫々の魅力。"三本の矢”
 芸術村ホテル、シャトルバス乗り口!ラビット花壇。マリーゴールド、苺の紅葉、ブルーベリーは日に日に紅く!世界に希望と優しさを!”対話と交易”世界皆の幸せを願った過去からの伝令。強く、真っ直ぐ生きる庭。
 ホテル前庭は、近隣の山々を縮小した枯山水庭園!沢に咲く春の山野草、新緑のブナ、秋のイイギリや紅葉の数々、熟した”ヤマボウシ”の実!とろりと甘い!種は、ぷっと吹き飛ばす。皆一緒に生きている”1つの環”。
 わらび劇場マリーゴールドの手入中”京都”の御客様。福島でレンタカー東北旅。"劇場の建設基金をしたんですよ”と話して下さり、記念に頂いたバッチは”沖縄のデニーさん"。沖縄、京都、秋田!チムグクル心。
今日は田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”に御宿泊。"娘が、ゆぽぽ山荘今月で終わりだから、行っておいでよ”と勧めてくれたと。いつもいつも、御客様を思う、おもてなしの数々。ありとあらゆる方法で、希望を起し続けた管理人ご夫妻。

2018年10月10日水曜日

インスピレーション!心、寒露!

 角館武家屋敷!二十四節気"寒露"を過ぎて、山の頂上から紅葉が裾野へ降りてくる!屋敷、樹木、石、組まれて100年、200年、そして300年。人の手が創り出す。自然の風雪、大きく育つ物、削られ丸くなる物。庭は奇跡!
台風は”太陽”を呼ぶ!風と共に渦を巻き駆け抜け遅れて未熟な栗が一気に育つ、開く、落ちる!高木故、太陽に燦燦と照らされる。高木故に段階を置いて何度も何度も落ちてくる。本当の美味しさを熟知する 小さな命!
お正月栗きんとん!秋栗御飯!雪の栗小豆!”生栗”を剥いて冷凍すれば、秋から春の楽しいご馳走!銀杏。木は生きているだけで,恵み!山神様の贈り物。全てを取り尽さない人と神様の間の"礼”。”待つ時間”。
田沢湖ビール玄関前!”アケビ”アーチ。ビールレストラン!お食事処ばっきゃ!ホテル厨房へ!甘い砂糖菓子の様な種!皮は、漢方登場の薬膳料理。油で炒めて甘味噌に!キノコと肉を詰めて蒸し料理に!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。わらじ1つ、使い道によって形を生み出す”人”の智慧!布を編み込む洒落と粋!”農は、命の芸術”。”インスピレーションと心”生まれる場所。経験が全ての素材となる"創造”!顔を上げて、ありがとう。

2018年10月3日水曜日

10月11日開催◆飲食店関係者の皆様◆新商品お披露目&試飲会開催のお知らせ

飲食店・ビール関係者(関東近辺中心)の皆様

いつも田沢湖ビールをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
以前お知らせいたしました弊社新商品
①IBUKI Fresh Hop Pils 及び ②Hop Cruise Kölsch
発売に先立ちまして、下記の通り都内にてお披露目及び商品試飲会を開催いたします。
発売前に商品の味わい・香り・品質をチェックして頂ける機会となりますので是非ご参加くださいませ!
尚、商品詳細につきましては こちら をご覧ください。


日時:2018年10月11日(木)14:00~17:00
場所:東京都新宿区神楽坂1-10 三経第22ビル3F
【神楽坂ラ・カシェット 様】

●上記お時間の中でご都合の良い時間にお越しくださいませ。※事前にご予定が分かりましたら、大体のお時間と人数をお知らせくださいますと幸いです。
●特にセレモニー等はございません。平服でお気軽にお越しください。
●当日は当ブルワリーの責任者であります小松勝久が会場におります。商品のポイントやご不明点等お気軽にお話しして頂ければと思います。

お問合せ・ご連絡は【田沢湖ビール】へ!
TEL:0187-44-3988
MAIL:beer@warabi.or.jp

ちゅら海!そしてマグマ!

 角館武家屋敷!長い歴史、戦、暮らし、全てと共に生き続ける巨木"モミの樹”。戊辰の戦を見ていたろうか?人の優しさを見ていたろうか?人間が生き抜こうとしていた日々を見ていたろうか?100年の命、200年の命!
 田沢湖ビールレストラン玄関前から、わらび劇場へ向かう遊歩道!初夏小さな苗を植え天の水、太陽の光、秋の風を受けて大きく育つマリーゴールド!地面の下に誰も知りえない無数の命がある。地球、命の故郷!
 ホテル前縮小庭園枯山水!シンボルトゥリーは、白い幹肌の"イイギリ”。足元に深山竜胆(みやまりんどう)。ちゅら海!美しい海!海の中に"母"は、居ますよ、、、龍馬に話したと言う御母さん。人の心のマグマ、本当の愛!
 福島"希望と愛"がやって来る!小劇場こまち演劇祭!今年は"フラガール!”。諦めない心!一人じゃない事。"わらび座ありがとう!”全国各地で響く御客様の声、そして涙。”自我の意識は進化する”宮澤賢治!
わらび座の歴史と共に、作品作り、御客様の交流、山が好きな人、スキーに歓声を上げた人、ピアノや踊り、歌が響いた場所。豪雪も、新緑も、輝く紅葉も、皆御客様と共にある。管理人ご夫妻に残した御客様の笑顔。

2018年10月2日火曜日

追記あり!10月のイベント出店情報!【田沢湖ビール】

あっ!という間に10月になりました。
今年の夏は台風・地震等自然災害が多く、たくさんの皆様の生活に影響があったかと思います。1日も早く全国の皆様の生活が普段通りに戻る事をお祈りしております。

さて、季節はすっかり秋めいてきて食欲の秋!ですね。
10月は地元秋田県内のイベント2つに出店させて頂きます♪


新・秋田の行事in仙北2018

期間:10月6日(土)~10月7日(日)
販売時間:10/6 11:00~20:00
     10/7 10:00~16:00
会場:秋田県仙北市・角館町(内町・外町)
出店場所:中町会場・ご当地グルメコーナー(旧北都銀行駐車場)
販売スタッフ:佐藤・堺

昨年大仙市で開かれたイベントが、今年は地元仙北市で開催!
秋田県内外のお祭り・山車・踊り等が一堂に集結!
迫力満点の「角館のお祭り 山ぶっつけ」も見る事ができます(^-^)

 ■秋田オクトーバーフェスト2018

期間:10月11日(木)~10月14日(日)
開催時間:10/11 16:00~21:00
     10/12 16:00~21:00
     10/13 11:00~21:00
     10/12 11:00~19:00
会場:秋田県秋田市・エリアなかいち にぎわい広場
販売スタッフ:佐藤・堺+ブルワーも日替わりで登場♪

秋田地ビール三大祭り、一年のとりを飾るイベントとして本年も開催されます! 
秋田県内4社+海外ビールがたくさん飲める!更に地元産のフードが盛りだくさんのイベントです♪
このイベントが終わると徐々に冬を感じ始める今日この頃…。
皆様ぜひ会場で乾杯いたしましょう! 

秋田県種苗交換会

出店期間:10月30日(火)~11月4日(日)
出店時間:10:00~17:00
     ※11/2・11/3 は 10:00~20:00!!
出店会場:秋田県秋田市・秋田駅前アゴラ広場
販売スタッフ:佐藤・堺

地元仙北市での開催以来久しぶりに、秋田の一大イベントへ出店いたします!
田沢湖ビール4種類の販売です♪他出店者様でも美味しい秋田のグルメがたくさんそろっている様です(^O^)
なんと!金・土の2日間は夜8時までの開催です。
仕事帰りにも是非お立ち寄りください!


10月も楽しいビールライフを!

2018年9月27日木曜日

●飲食店様向け●限定醸造ビール発売のご案内【田沢湖ビール】

猛暑の続いた夏も終わり、ここ最近は朝晩暖房を使う事も多くなってきた秋田。
少しづつ冬の便りが届いてきている様な気がします。

この時期は収穫の♪秋♪
フレッシュホップを使ったビールとコラボビール2種類が田沢湖ビールから飲食店限定の限定醸造新商品として登場いたします!

発送開始日:2018年10月15日(月)※2種類同時発売です。

①IBUKI Fresh Hop Pils(イブキ フレッシュホップピルス)
採れたばかりのフレッシュ生ホップを使用したビール。
岩手県遠野・秋田県横手、東北の二大ホップ産地で収穫されたホップ「IBUKI」を使用し、弊社のピルスナーをベースとしてフレッシュホップの爽やかな香りを生かした、スッキリと飲みやすいラガービール。


②Hop Cruise Kölsch(ホップクルーズ・ケルシュ)
秋田県内で複数の飲食店を経営する「戸隠グループ」様とのコラボビール。
話題のニューイングランドIPAスタイルです!
大量に使用したシトラ・ギャラクシーホップの圧倒的な香りとソフトな口あたりを重視し、苦味を抑えたビアスタイルを重視しつつ、ケルシュ酵母によりスッキリとフルーティーなビールに仕上がります。

どちらの商品も樽のみの発売となりますので、一般のお客様の購入は出来ませんのでご了承ください。

また、飲食店の皆様向けの価格が従来商品と異なりますので詳細は田沢湖ビールにお電話・もしくはメールにてお問合せ下さい。
●田沢湖ビール 事務所
電話番号 0187-44-3988
メール beer@warabi.or.jp

よろしくお願いいたします。


2018年9月26日水曜日

ぬちかじり!樹と幹

 角館武家屋敷!中一から”英語”とは無縁。読めるかなあ、、、。単語が分れば何とかなる!言葉と言葉。人と人。同じ人間。文化や宗教、価値観全てを越えて"優しさ”で繋がって行く。受け継ぐ若者達。皆友だち!
 田沢湖ビールレストラン。玄関先から直ぐの"アケビ"アーチ!長い低温から、激しい高温。自然は生きている。ぬちかじり!命の限り。大きな樹は風雨の年月。全ての命を受け止める。大地の力。秋の実り!
 中央広場”アメリカセントラルパーク”から来たドングリ"アメリカアカナラ”。異なる国の大地で18年、初めて実を付けても”ドングリの形”になるまで、それから又何年も。自分の降りた場所の風、雨、太陽、周りの命!
 沖縄から新聞と島唐辛子の御菓子!ライモンさんの御自宅から来たと言う人形。伝えきれない70年の歴史。癌と余命、人々への愛!命の終わり”ヨダカの星”の様に涙を浮かべ最後まで烽火の様に飛び続けた優しい命。
幹は樹齢を刻む。樹液を守る。田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。山の頂上は、ほんのり”紅葉”。初霧!手を掛け育てた花々、御客様への心配り。小さな子どもさんも、カップルの御客様も、海外の御客様もホッとする空間"愛”

2018年9月19日水曜日

秋分へ!真を打つ!

 角館武家屋敷!歴史と自然と建築物、そして"人”。黒塀の美と大樹を生かし、塀を切るアレンジは人の心。”過去と未来”を見つめ今を生きる。塀に工夫された樹木の生垣も美しい!寒暖差が染める紅葉は直ぐ!
 二十四節気は"秋分”へ!毎週日曜日に御邪魔する武家屋敷から直ぐの"伝承館”。こちらは、様々な”伝統展示”が。中庭で歌い、舞う、わらび座"まめこま”。"和崎ハル”さんを演じた千代さん懐かしい役者が花の様に舞う!
 千代さんと言えば、忘れない名作”つばめ"。朝鮮通信使の物語。美しい音楽、心を掻き毟られる切ない歌。ムクゲの白とチマチョゴリの白。想いを飛ばして舞う。秋の光と朝露。人の心と涙。命の美しさを歌い続ける”わらび座”。
 アンネの薔薇!元株が、気候変動に耐えられず、挿し木にして贈った岩手より、更に孫株となり戻り咲く。”あらぐさの花たち”。"松浦武四郎”。震災の今、人間の強さと美しさを見つめる。柳家さん若、改め"小平太”。真を打つ!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。歴史が暮らしにある。"誰の心にも1つずつ鬼がいる”。皆の幸せの為に涙を落とし、顔を上げ続け生き抜いた先達。メッセージは、何処にも残る。媚びない生き方。空を見ましょう!おたあ。

2018年9月12日水曜日

波!人が人を支える!

 角館武家屋敷!雨のお祭り。神様と薬師様の町祭り。お武家と町人、街中の人たちが繋ぎ残して来た伝統の心。節句の”金次郎”。考える力!”皆が幸せになる事は、お金だって幸せ、全てが1つの丸い和”。
 秋のシュウカイドウ!涙雨。想い人。忘れない心。柔らかい優しい姿の蕾は、ハートの形。植えた人が居て、残す人が居る。愛でる人がある。歴史の波!荒波に向って行く勇気!夢は終らない。若い力が教えてくれる。
 わらび座衣装部壁!大道具スタッフペイントアレンジ。福島から託されたヒマワリの零れ種。雨水も豊ではないこの場所で、自ら芽を出し咲いてみせる。"和崎ハル”さん。御客様が、散歩しながら”懐かしい作品が嬉しい!”と微笑む。
 仙北市ALT!波に乗って渡って来る言葉も文化も違う国の若者。ニーナは、アメリカとロシアの両親。22歳!ホームシックにかかっても、支えてくれる人がいる。母のように見つめてくれる人が居る。優しい日本が大好き!
田沢湖高原ゆぽぽ山荘!一瞬、一日が愛しい。本社から"春ちゃんの薔薇”。いつだって直ぐに花を見て花瓶を即座に決める感性の女将さん。御客様が"御母さん"と呼ぶ。愛溢れる場所。雨、地震、日照り、リッボーン!自然と共に島国がある。