2018年5月20日日曜日

青空が好き!

大変な雨でした。18日の豪雨はこわいくらいでした。翌日も降り続きました。
 雨の合間のブルーベリーの花たち。しっとり濡れているのも風情があります。


でもやっぱり、青空が好き!!本日は晴天です。

     5月1日開花の早生種ウェイマウス。花は大半散って、ほんの少し実が
    ふくらんできましたよ。

2018年5月17日木曜日

ミツバチ ブンブン

   花盛りのブルーベリー畑には、ミツバチたちの羽音がブンブンと響いています。
  鉢植えブルーベリーのまわりもとても賑やかです。 真ん中辺、わかるでしょうか。


    どれにしようかな?とブンブン飛び回って、まずはこれにしようっと。


ヨイショ、ヨイショと花の中にもぐりこんで・・・・。  
   ミツバチたちが一生懸命蜜集めをしてくれるので、受粉が進みます。
   ミツバチさんたち、ありがとう!!

2018年5月16日水曜日

緑の風命は1つ!

 角館武家屋敷!新緑の風。黒い塀の小窓の内側には、お洒落な簾。住む人があると、庭に花が咲く。花に微笑む人がいると、そこは素敵なアトリエになる。古くから引き継がれた歴史を刻んだ木々と今を咲く山野草。
 ホテル前縮小庭園石組みのヒメシャガ(姫射干)。扇状の葉を持つ”ヒオウギ”。根茎は、嘗て漢方の鎮痛に。花を愛で、命も助く。勿忘草(わすれなぐさ)。海、海、海。海から隆起した山。そこに咲く花。
 緑の風が吹きぬける!石組みに咲くツツジのピンク。植え込み根付いた芝桜。川が流れるように石に沿う。自分の美しく見える場所を命は知っているのだろうか?シャガ、一面に広がるブルー絨毯。沖縄の海を想う。
 東屋のある中央広場。マルシェ、”手創る市”で賑わった一瞬。赤ちゃんが、お散歩する庭。”絵”が生まれる。透明な巨大鯉幟と嬉しそうに走った子供たち。葉がネバネバする”モチツツジ”。新緑色とりどりのカンテラ。
田沢湖高原の日陰に雪渓。”ゆぽぽ山荘”の周りはブナ林!一斉に芽吹く時。雨の降る度、太陽に向って葉が弾ける!フォーレのレクイエムを”ブナの芽吹く音”と話してくれた空の人。風の流れ、潮の流れ。月と太陽。

2018年5月12日土曜日

ブルーベリー畑は花盛り

早生種ウェイマウスの開花から10日過ぎて、パトリオットもブルーレイもアーリーブルーも次々と花を開き、ブルーベリー畑は花盛り。緑の絨毯はブルーベリーと相性の良いスギナたちです。

スッキリと剪定された樹々は伸びやかに枝を拡げています。この調子だと順調に実を着けて、7月初旬には収穫ができそうです。
ブルーベリー狩りは7月7日(土)オープンです。 8月5日(日)までの予定です。 どうぞお楽しみに!!

2018年5月9日水曜日

立夏!人と人の物語。

角館武家屋敷!節句人形の数々。伝統の技と時代の風景、願い、祈りを未来へ託す。わらび座”北前船”まもなく出航!江戸の時代”枠”から飛び出した人々が、ここにもある。命を懸けた船旅が生み出す”絆と技”。波の色!
 二十四節気”立夏”。ホテル前縮小庭園石組みに開いた”深山苧環(ミヤマオダマキ)。くるくる回る糸車。蒸気船の時代を風に乗せ、白帆1つが船を動かす。風を読み、起きる全てを予測する”勘”湊町を紡ぐ出会いと別れ。
 初!春のナイトステージでは、農耕馬や熊が登場!人が土地を耕す。自然がある。少しだけ分けて貰う力と力。馬や牛が言う事を聞いてくれない、人間と動物の対話。小道具が大活躍のわらび座”まめこま”。
 桜も終盤!ホテル前庭、高木3m上!フワフワ揺れる”上溝桜(ウワミズザクラ)”。人と人との物語。古代、亀甲占いに、火種枝と使われた樹。骨や甲羅に溝が走る。如何するべきか?迷う時、長老の勘、自然が答えをくれた。
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”玄関ロビー!船に乗ったのは、品物だけではない。芸能も乗る。人も乗る。町を勇気付け、再会を待ち”出航”。旅が齎す”夢”。誰かが誰かを助けて来た動かぬ歴史。書ききれない”物語”と言う宝船!

2018年5月2日水曜日

変らぬ命の光!

 角館武家屋敷!植える人、育てる人、見守る人、愛でる人。愛なくば未来へ残らぬ風景。待ち続けた春。一気に燃え上がるように咲き、夜の朧月。震災を想う。民族芸能が生まれた瞬間を知る。生きる力、命の光り!
 総務棟(旧民族芸術研究所)庭。夏が来れば思い出す、、、。石楠花開花!戦の火、命の灯、涙と大河。何度でも生まれ来る命の春!優しい笑顔。何があろうと春は、訪れる。誰もに吹く風、恵の金剛石。温かい太陽!
 小劇場!(旧記念館)ベトナム、中国、朝鮮三カ国訪問記念館。わらび座の67年。人の手が残した歴史と心。日本から飛び立った炎。世界が歌う!憎しみより友愛を!掛け替えの無い宝、ぬちどう宝!シダレモモ。
 変らぬ命の光!春のナイトステージ!皆で力を合わせ創り上げた会場、ドリンクバーに立つスタッフ。海有り、山有りの力強く、優しさに満ちた芸能レパ。会場から大物吊り上げました。角館から駈け付けて下さった御客様。
一気に気温が上がる日中。ここは、田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。管理人板前さんのご趣味は野鯉釣り!緑に囲まれた別世界。空に近い場所。一人旅の御客様も御家族の御客様も、ホッと寛げる小さなロッジ。

ブルーベリー開花宣言

5月1日、ブルーベリー早生種「ウェイマウス」の花が開花しました。スズランによく似た可憐な花です。
5日前はまだ蕾でした。葉芽も硬く閉じていましたが、このところの晴天続きで・・・

気持ち良さそうに葉をひろげ始めています。剪定作業も急ピッチで進行中です。


2018年5月1日火曜日

あっという間に5月。。。

森林工芸館ショップ、4月中旬より通常営業です。

新しい商品も販売開始です。

それがこちら、お野菜クレヨン。


かわいい色です。贈り物などにも是非どうぞ。


工房の方では、大変お待たせしておりました特注ベンチの製作。。。


製造スタッフ募集中です。。。だれか来て。。。(T^T)


桜も終わりー🌸

2018年4月28日土曜日

ブルーベリー畑に春が来た!


深い雪に埋もれていたブルーベリー畑にも春、陽の光を受けて、樹々も
   元気に枝をひろげています。                                            
      
畑では連日の剪定作業。今シーズンの収穫と来シーズンの
        収穫を左右する、最も大事な作業です。                                                                    
                 
剪定前の木。エコニコ農園主力品種のブルークロップです。
        1年間でこんなに新梢を伸ばします。

          
剪定後はこんなにすっきり。でも、1本の木で7キロもの実を着ける
        んですよ。

                               

           
花芽もずいぶんと膨らんできました。
            剪定、急がなくっちゃ!!

           


         



2018年4月27日金曜日

5月~6月のイベント出店情報!【田沢湖ビール】

明日からゴールデンウィーク!
ゴールデンウイーク全日のイベントも含めてイベントたくさんの一か月が始まります!

クラフトビール新酒解禁祭り2018
期間:4月28日(土)~5月6日(日)
開催時間:11:00~21:00(最終日は18:00まで)
会場:東京都新宿区「ベルサール高田馬場 大ホール」
販売スタッフ:佐藤・佐々木(重)

本年初開催のGW大型イベント!
このイベントでは、普段スタジアムでしか飲む事の出来ない
プロ野球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」様と共同開発いたしました「イーグルスビール クリムゾンレッドエール」の販売を行います!
是非この機会に飲んでみてください!

仙台青葉まつり
期間:5月19日(土)~20日(日)
出店時間:5/19 11:00~21:00 5/20 11:00~18:00
出店場所:仙台市・市民広場
販売スタッフ:佐藤・堺

近年毎年参加させて頂いております、杜の都・仙台の初夏を彩る、仙台3大まつりの一つです。
田沢湖ビール樽生4種類と、ポルミートソーセージの販売を行います!

けやきひろば 春のビール祭り
期間:5月23日(水)~27日(日)
開催時間:5/23 16:00~21:00
     5/24~26 11:00~21:00
     5/27 11:00~20:00
開催場所:さいたま新都心 けやきひろば
販売スタッフ:佐藤・小松(大)

今年も日本最大級のクラフトビールの祭典がけやきひろばで開催!
春は気候も良いので外のけやきひろばで乾杯♪
田沢湖ビール樽生と、共同出店「神楽坂ラ・カシェット」様定番の人気メニュー「きりたんぽ鍋」等フード類も充実してお待ちしております。

これが秋田だ!食と芸能大祭典2018
期間:5月25日(水)~27日(日)
出店時間:5/25 15:00~21:00(前夜祭)
     5/26 10:00~20:00
     5/27 10:00~17:00
出店場所:秋田駅前アゴラ広場
販売スタッフ:堺・後藤

秋田県内の伝統芸能が一同に集結するイベントに初出店!
ユネスコ無形文化遺産登録された3行事を含む伝統芸能パレードが大迫力で開催されます!田沢湖ビールブースは秋田駅前大屋根下(秋田駅側)のブースです♪


城北公園フェア2018
期間:6月2日(土)~3日(日)
出店時間:6/2 11:00~19:00
     6/3 11:00~18:00
出店場所:大阪市旭区・城北公園
販売スタッフ:堺・佐々木(重)

毎年出店させて頂いております城北公園フェア共催「全国地ビールフェスティバルinあさひ」へ今年も出店♪
田沢湖ビール4~5種類販売予定です!
今年も豪華アニソンステージあり!


東北絆まつり2018盛岡
期間:6月2日(土)~3日(日)
出店時間・出店場所:詳細後日
販売スタッフ:佐藤

東北六魂祭の後継イベント東北絆まつり。2年目の今年は盛岡での開催です。
未だ道半ばの東北各地の復興の歩みをさらに加速させ、被災地の、東北の活性化を図る開催趣旨を持つ本イベント。今年も大きな盛り上がりを祈っております。


日比谷大江戸まつり
期間:6月8日(金)~10日(日)
出店時間:6/8~9 10:00~20:00
     6/10 10:00~18:00
出店場所:東京都千代田区・日比谷公園 噴水広場
販売スタッフ:堺

こちらも全国各地から様々なお祭りが大集合するイベント!初開催です!
お祭りパレードや縁日ブース、ライブ等催し物盛りだくさん!もちろんフードブースも盛りだくさんです!
田沢湖ビールは、秋田のソーセージ「ポルミート」様と共同出店にてビール&ソーセージの販売を行います!


東北地ビールフェスティバルin秋田
期間:6月15日(金)~17日(日)
出店時間:6/15 16:00~21:00
     6/16 11:00~21:00
     6/17 11:00~17:00
出店場所:秋田市・エリアなかいち にぎわい広場
販売スタッフ:未定

今年も最大の12社が参加!秋田三大地ビール祭りの第一弾が今年も秋田市なかいちで開催されます!ビール種類数50種以上が登場!
更に!北海道・東北各地の肉料理が味わえるイベントです!

明日から始まる新酒解禁イベントを始め、たくさんのイベントで皆様のお越しをお待ちしております(^-^)!
 



2018年4月25日水曜日

穀雨!丘の雑草たち(あらぐさ)

角館武家屋敷!春の展示”正絹”。秋田の春は、一気に訪れる。目出度い着物には”春”の花。新しい暮らしを祝う”秋”の草花。娘へ贈る一枚の着物。染め、刺繍。日本の美!二十四節気”穀雨”。
 ホテル売店に仙台公演わらび座”ジパング”のパンフレット!懸命に生きた人たち、空の声。再現した400年前の魂!庭に咲く椿。人の心と体を通し、言えぬ想いを舞台に託す。客席と言うもう一人の共演。今一瞬の奇跡!
 ホテル前縮小庭園は、近隣の山々を少し入ると出会える林道や沢の風景を切り取った設計。枯山水の流れに、雪融けの山野草から、初夏の力強い花へバトンが渡る。イカリソウ(碇草)。稽古場から”北前船”の歌。
 太陽と雨に濡れ、ホテル厨房食材園エリアの椿が順に開く。白菊!わらび座作品にそっと登場する花たち。石川リキノスケ”白菊の花”。大曲花火の”白菊”。透明な心を映し出す”言葉”。生け花は、一枚の絵。
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。丘の雑草たち!”空を見ましょう”わらび座作品”ジュリアおたあ”のセリフ。雪の中で過した命が次々と目覚める春!穀物を潤す雨!大地に目覚めを促す雨!おもてなし料理に”緑”を添える心。

2018年4月18日水曜日

シサム!立派な隣人

角館武家屋敷!わらび座”げんない”作品が有り、登場人物に”角館武士”小田野直武を知る。彼の”解体新書”が秋田の武士、挿絵とは!江戸時代に確かな足取りを見るこの場所。江戸医者必読の傷寒論あり!
 ホテル前縮小庭園!人知れず咲く”ウスバサイシン(馬の鈴草)”。馬に、こんな鈴を付けて木を切り出したのだろうか?名前が伝える過去の風景。サイシンは、漢方薬、鎮痛剤。野山に薬草を知るアイヌ民族。シサム、立派な隣人。
 シュンラン(春蘭)。考えて探さないと見落とす様な足元に、花を擡げる。違う文化、違う歴史、順応。土地に根着けない植物もある。何年も掛けて、その土地に馴染む木もある。共生の時。緑の風が吹く!
 ショウジョウバカマ(猩猩袴)。中国伝説の動物。”もののけ姫”にも登場!長い”袴”の様な葉。花の名には、何処か暮らしや、ユーモアがある。”理由も無く殺すのは、人間だけ”ブッダ登場”タッタ”のセリフ。憎しみより友愛を!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。わらび座の古くからある小さなロッジ。管理人ご夫妻は、海外の方とも懸命にコミニケーションを取る。秋田弁の混じる英語が微笑ましい。御客様に尽くす、、、花が咲く大地の様な人たち。

2018年4月11日水曜日

異文化!心の舵。

 角館武家屋敷!春の”始まり”は遅い。じっと”待つ”力。想像する力。”待つ”からこそ生まれるアイデア、工夫。寒風と雨。駒に追加される雪。蓄えるエネルギー。ただただ服従ではない”意志”を持つ人間。不屈。
 旧暦二月。暖かい場所では片栗花。刺巻には残雪の中”水芭蕉”の蕾が立ち始める。1年は全て土に蓄えられ刻まれる。目に見えない物を見る。止まる事の無い命の流れ。”異なる物”が共に生きる土地。
 ゆぽぽ内庭日本庭園!一冬の雪囲い。昨年の台風。屋根が飛び、庭に突き刺さり、枯山水の玉砂利も飛び散った。白石を一粒直しながら、新しい”設計”と言う花を植える。ナガバユキノシタ。シベリア。異文化、解け合う芸術!
 遊歩道ブルーベリーは未だ囲いの中。縁取りに”ミニ水仙”。落葉を押し退ける様に芽が吹く。”花の道”が生まれる”芸術村の庭”。花を辿れば”わらび劇場”へ!”我らが倒れ土に帰っても我らの跡に花が咲く”アテルイ!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。お魚クンの丁寧な観察と探究心。”心の舵”ぶれる事無く”愛する”物を見つめる。”絶滅”が”奇跡”に変った田沢湖。忘れない人。諦めない人。想いを繋ぐ人。日本が大好きな旅人が集まる。

2018年4月4日水曜日

シーミー!清明、架け橋!

 角館武家屋敷!二十四節気”清明”。清清しい南東の風が吹く頃!”シーミー祭”。沖縄三大行事の一つ!空と大地、吹く風を感じて生きる。初夏の節句展示には、こんな”マメ玩具”も!見えぬ、会えぬ歴史、暮らし”再現”
 ホテル前縮小庭園!太陽の光に誘われるように次々に開く花達!ユキワリソウ(三角草)。マンサクが低木に輝き、雪の融けた場所からは、可憐な花が顔を見せる。変わり行くもの、変らぬもの。遺伝子に刻まれた”架け橋”
 お天道様に真っ先に開く”福寿草”。秋田の桜は、まだまだ雨に濡れ、蕾を固く引き締める。長い冬が終り、今か今かと春が始まる。”4月の28日頃には、全ての花が一度に咲く!”と話してくれた30年前の先輩も空!
 ホテル前庭は、近隣の林道にある”当たり前”の風景!設計し、石を組み、植えた”初代”!引き継ぐ二代目”庭師”。”医者は三代続いて本物になる”わらび劇場上演は、13年前”よろけ養庵”劇中のセリフ。引き継ぐ心。
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。元は田沢湖町の”白樺荘”。ロケーションは、お風呂から田沢湖が見える絶景ポイント!長年保養所ラッシュで風景も変わり、又、”元の絶景”へ!温泉も老朽化から泉脈を変え”美肌”の湯へ!