2019年6月15日土曜日

分度、推譲!不動の心!

 角館武家屋敷!報徳(二宮金次郎)仕法!至誠(まごころ)、勤勉、分度(己の分を考え)、推譲(人を推し名誉を譲る)。復興した村は、600!”故郷は他の誰でもない、その土地の人が一鍬一鍬耕し出来たもの”。不動の心!
 ホテル前縮小庭園石組み。違う品種のサツキが重なり合う。根は離れ、隣合わす。皆違って皆良い!”日本人”が残した素敵な言葉は、究極の”優しさ”から生まれる。友を選ばば、書を持ち、義あり、熱あり。
 サツキ”伊達絞り”。不思議な文様。白、赤、ピンク。内側からボカシの入る物、筋が入る物、命の造形。150年400年前に生きた人たち。伝えられなくても、誰かの心に引掻き傷の様に残る”人生”。時を経て蘇る”心の庭”茶の夢!
 ビールレストラン枕木道”薔薇のアーチ”に加わったツルバラ!花束の様に可憐に咲く!ガーディが自宅から持って来てくれた一年前、仮植えから春、定植。至誠!誰かの為に。御客様の笑顔を夢に!
ホテル売店!ジパング商品”再始動!”夢を乗せて出帆!”ハナ黒、教えろ、姉様は、何処だ?見ていたのだろう?あの津波を、、、”家の跡に泣いていた猫。リウタと共に”さや”を探し続けた心の旅。満天の星空!

2019年6月12日水曜日

自分らしく!be yourself 

 角館武家屋敷!暮らしの展示から更に奥へ!御武家の宝。刀に添えられる”小柄”。見えない場所に美。”さやえんどう”飾り。子宝。命は、何時の時代も望んでも得られるものではなかった。生まれる事の尊さ!
 温泉ゆぽぽ内庭日本庭園!サツキ満開。白玉砂利は、枯山水の溜り。湯船からは真っ白な”銀杯草(ぎんぱいそう)”が一面に広がる!毎年”咲く”訳ではない。命の不思議。梅雨の季節、又気温が下がる。外気を感じ予測し生きる。
 田沢湖ビールレストラン前。大道具スタッフ制作”薔薇アーチ”!ガーディのオシャレなデザインで今年更に薔薇の品種が加わる。一人より二人、二人より三人!皆の力で全てのゲストにウエルカム。わらび座”Always Bule Sky”!
 小町まつり終了!ゆっくり咲き続ける”芍薬”。権力争い、誰かに媚びる生き方、京の都から全て捨てて出羽へ歩いた深草少将。子を亡くし、母も亡くし、溢れる涙の止まらぬ小町の手にあった”母”の心。再生、勇気、愛。
ホテル売店!青空!小町!ゴーシュ!次々と送り出すプロデュース。夜空に咲いた”ダリア”。同じ地球の上で、どんな人にも”同じ”美しい花火が見える。You can get Along!You have to Talk!憎しみより友愛を。

2019年6月8日土曜日

おやさいクレヨン ぬりえコンテスト

森林工芸館で販売中のmizuiro株式会社さんのおやさいクレヨン
おやさいクレヨンを使ったぬりえコンテスト開催のお知らせです。

mizuiro株式会社では、第1回おやさいクレヨンぬりえコンテストを開催します。
今回のぬりえテーマは「やさいなどうぶつ?!」

森林工芸館でも、ぬりえ台紙、応募用紙、ありますので是非どうぞ。
ぼくもやりた~いっ!しかしながら応募対象は0才~小学6年生まで。。。

詳しくはmizuiro株式会社さんのホームページをチェックっ!!







詳しくはmizuiro株式会社さんのホームページをチェックっ!!
http://mizuiroinc.com
豪華賞品っ!欲しいー!!

涙雨!貴女のように生きる

 角館武家屋敷!節句飾りも又来年。”伊達政宗”!!東京上陸。わらび座”ジパング青春記”。幾つもの再会、出会い。政宗の刀を持ち、メキシコへ出帆。”支倉常長”!争うイスパニアと宗教も繋ぐ。”尊敬と和”を貫く人!
 東屋中央広場!遊歩道沿い”ヤマボウシ(山法師)”。江の流れ水しぶきのよう!新緑の秋田。純白の季節。涙雨。雷雨。生き抜いた証。ジパング登場さや。”あたしの人生は、素敵だった”。弟を思う姉の心。
 小劇場(旧記念館)庭!バイカウツギ(梅花空木)。芳香!稽古場、劇場と共に樹齢はある。毎年増える株を”わらび劇場”からのリサイクル舞台ロープで、まとめた花束仕立て。わらび座を見つめ、若者を励ます。
 あきたび横”サツキ”!蕾が次々と開く。”貴女の様な人になる”。空に昇った優しい人たち。星空を見つめ再会する、リウタとさや。”忘れないで居てくれてありがとう。嬉しかったよ”でも幸せになってね。泣かないで。天と地。
ホテル売店!ジパング!津波に飲まれた魂に捧げる”お京下賀茂一座”の舞、椿一輪。”無念に御座りまする”悲しみ分かち合う涙。立ち上がる心、勇気!生きとし生ける全ての命。品に温かな心宿る。

2019年6月5日水曜日

芒種!モシ、オ、トウニャ!

 角館武家屋敷!欅の”亀”欄間から奥へ!秋田の暮らし展示。ここには、雪がある。深い雪と共に冬を越え、水墨画の時間は人の心を磨く。田圃は食を支え、その稲藁を”暮らしの道具”に美しく変える。厳しい自然は、東北の魂。
 東屋庭!芍薬(しゃくやく)。今週日曜日、湯沢の小町祭り上演”小野小町”。小町の母が愛した花。小町の瞳を”美しい”と言う母の生涯。京で小町を知り、出羽まで追い続けた深草様。一輪の真実。
 ホテル売店前花壇”ドリフトローズ”甘い香り。二十四節気は”芒種”。力強い芽吹きが大地に立つ!”モシ、オ、トウニャ”アフリカ、ザンビアのチュワ語。”雷鳴轟く(とどろく)水煙”!大自然と生きる言語は”滝”を水煙と言う。
 ホテル前枯山水の縮小庭園。樹木の博物館!涼やかな木陰に、ニッコウキスゲのオレンジが光り、準に咲くツツジ、サツキが緑にカンテラの様に光る。わらび座大道具スタッフと庭のコラボ。そしてガーディのラビット君。
ホテル売店!わらび座”小野小町”。母大町子に従う”猿彦”。蝦夷の誇りと温かい人生が何度も写る。京へ登り、子を失い、波乱万丈の小町。”そばにいてくれる、ただそれだけで心はやすらか”愛の言葉。

2019年6月1日土曜日

再生!愛!勇気!優しい心

 角館武家屋敷!屋敷樹と石灯篭。木漏れ日が”緑の照明”の様に降りて来る。茅葺屋根の茶の色、真っ赤に秋紅葉するカエデは、静かな色。コントラストが美しい!アニマの海。九州の海で起きた事。江戸期に起きた事。魂の海。
 東屋の中央広場。ユリノキ開花!小さな三脚でギリギリ下からの撮影。もっと下で咲かせたくも、下枝を取らなければ庭に風が通らない。ゆぽぽオープンと共に庭の歴史はある。40年ほどの若い樹木。チューリップツリー。
 6月9日小町祭り上演”稽古”開始!遊歩道沿いに咲く”芍薬”。99本には、全く届かないけれど、小町と深草の少将、小町の母、大町子様の面影を花に見る。”信じる心”を最後に貴方がくれたから枯れない花この胸に一輪咲かせましょう。
 大道具スタッフによる樹木表示。花の写真も加え角館”河原田家”さんの御紹介。花巻農林で同級生だったのが、かの”宮澤賢治”。御当主が結婚記念に種を植えた。賢治から貰った”ユリノキの種”歴史結ぶ。来年樹齢100歳を迎える!
ホテル売店!本日、わらび座”ジパング”出発!被災地では、ホールも流され、作品を”体育館バージョン”にも制作!奇跡の作品。日本の心!異国とパシフィコで繋がって来た遥かなる”友情”の物語!夢を乗せて出航!

2019年5月29日水曜日

IF Someday、、Peace。

 角館武家屋敷!大樅(もみ)の側に斜めに横たわる樹胴、雀が出たり入ったり。ミヤコワスレ(都忘れ)と卯の花(うのはな)庭先の手入に人柄が写る。お蔵に展示された医術書、学問の足跡、村の暮らし、勘定方の姿。
” 天から降ろされたもので役の無いものは何一つ無い”アイヌの言葉。工芸館庭に咲く、白雲木(はくうんぼく)。雲の様に棚引く花!同じ大地、空の間に生きる命。ぬちどう宝!土は命の宝箱。舞台に散りばめられた美しい”言葉”。
 梅花空木(ばいかうつぎ)の”根”。再演!全国公演”ジパング青春記。日本列島の長き戦が終り、故郷の復興を始めた伊達藩を襲った”大津波”。”本物”が演じる叫び。打ち棄てられ彷徨い(さまよい)歩いた砂浜。
 白い花咲く季節!甘い香りの梅花空木。”夕べに流した涙を海に沈めて。いつか平和になり弓矢を折る日が来たら鎧に白い花を飾ろう”。わらび座”鶴姫伝説”劇中歌!戦闘機より、美しい花を。憎しみより友愛を。
ホテル売店!北海道からの修学旅行が続く。作品に因んだ商品。側に居てくれるただそれだけで心はやすらか。”和崎ハル”御母さん。リウタを育てた”さや”。あたしは幸せだった。忘れないで居てくれてありがとう。

2019年5月25日土曜日

風吹き渡る庭!

 角館武家屋敷!吹き渡る緑の風!歴史を伝える木々や石のある庭園。造る人、植える人、設計する人。ここに暮らす人。伝える人。海外の御客様も”ウエルカム”!御客様に1つでも工夫を凝らし続ける若者。
 田沢湖ビールレストラン。2016年に芸術村”初”タイ国から修学旅行生を迎える。日本と言えば”桜”。記念樹を生徒さんと未来にレストランから枝垂桜が美しく咲いて見えるよう植樹。小さくても今年花が咲きました。
 ホテル前縮小庭園。薄紫のヒメシャガの絨毯(じゅうたん)!周りを囲む色とりどりのツツジ。緑の木陰には”ニッコウキスゲ(日光きすげ)開花!白い花咲く季節。真っ白なフランス菊!タワワに枝垂れるコデマリ(小手毬)。
 大きな欅の横、頭上に咲く!”てまりかんぼく(手毬潅木)”。まるで、紫陽花が樹に咲いた様!でも散る時は、一片ずつ、桜吹雪の様に地面を真っ白に覆う。大自然残る秋田。土は、人間の心を癒す命。
ホテル売店!エコニコ農園、ブルーベリーは花盛り!ジャムを”無加糖”で作る!”ダクワーズ”には、お菓子に合わせた糖度。大切に見守り、育て、研究を重ねる。大切にされた”もの”達の想い届け!涙の”白銀道”。

2019年5月22日水曜日

風に立つライオン!命

 角館武家屋敷!土地、国を治める。大勢を束ねる旗頭。仁政。勘定方の江戸期から、積み重ねた学問。人としての在り方。無心に働き、暮らす人たちの”星”。穏やかな日も、戦いの時も、山の様に岩の様に光る。
 小劇場(旧記念館)庭”オオヤマレンゲ”開花!花咲く中央に御釈迦様が座している様に思う。多くの人の苦しみを解決し考え続け、生涯歩き続けた人。憎しみ悲しみを越える力。震災の悲しみ、空虚、愛、涙の勇気。
 稽古場や地域のホールを使って、わらび座”ジパング青春記”稽古が進む。ホテル前縮小庭園!”エビネ(海老根)”。地面から見上げると鳥が羽ばたいているようにも見える。作品登場、アステカのミゲルとコンドル。
 5月の風は未だ冷たい。東屋は、冬の小劇場名残、”ゆきの兄が彼女に残した桜の手ぬぐいデザイン” 浜田謹吾”。作品は終っても風が吹く。平福穂庵!舞台登場の絵も。”誰も死なぬ道はないのか?”
ホテル売店!”椿”の小物。震災後続く”復興”の品々!2019年のジパング!故郷を語る役者から日本各地の役者に。それぞれの”ふるさと”。同じ日本!吹き渡る風に立つライオン。一人一人の命の誇り。

2019年5月18日土曜日

小満!”自分らしさ”

 角館武家屋敷!節句人形” 毛利元就”。三本の矢。一人の個性は、唯一無二。”頭”になる者は、より多くの人間の善さを知る。力を合わせる事。一人では無い事。”戦”の世に生まれた人間性。
 ホテル前縮小庭園!”ヒメシャガ(姫射干)。まもなく二十四節気は”小満”。片栗花で揺れていた枯山水の庭園は薄紫の絨毯に。手作りの皿。故ペギー葉山さんの息子さん。秋田が繋いだ優しい心。
 庭木の樹木表示”江戸風”大道具制作!遊歩道中ほどのブルーベリー!白い花咲く、少し離れた森林工芸館の向うに広がるエコニコ農園。地図を掲示してみました。”海外の御客様”にもEnglish!ウエルカム。
 山肌に咲くとこんな感じかな?石組みに種が飛んで咲いた”ミヤマオダマキ(深山苧環)”。今は分る人が少ない”糸車”。民話の中で、狸がお婆さんの真似をして回していた”キーカラカラキークルクル”。
ホテル売店!連日北東北から修学旅行!サギトワさん大好き!”秋田犬”は大人気!アメリカで学んだ”自分らしさ”。”体育”は女性も人であり、男性も花を愛でる”優しさ”が尊ばれる、誰もが”一人”を尊重される”未来”の始まり。

2019年5月15日水曜日

47年!世界平和とオリンピック

 角館武家屋敷!節句”二宮金次郎”何度も教えられる。”俺百姓やってた時から,知っていた!”わらび座”金次郎”土、ここから何でも生まれてくる。お天道様にも雨にも都合がある。人間がちゃんとすれば豊かな恵みが生まれる。
 ホテル裏”コナラ自然林”レンゲツツジが満開!どうして花が咲くのか?何時花芽は生まれるのか?育つ時間。1つの命の生態を知る時、手入が変る。そして花が戻って来る。秋田は柔らかい緑の海!沖縄”47年”ちゅら海!
 ついに登場!大道具スタッフによる、ホテル前縮小庭園”御案内看板!”。リサイクル舞台セット。イメージを伝え、出来上がった看板には、山野草の絵。野鳥が囀る(さえずる)庭。初夏の力強い気流に乗って舞う鳶。
 中央広場!職人がデザインするとこうなる!!”わらび座海外公演歴史”とアメリカセントラルパークから来たドングリ”アメリカアカナラ”。”芸術村”を夢見て渡米帰国。冬の小劇場”大曲花火”ドイツで打ち上げられた日本の心。
ホテル売店!ベルリンでの花火をドイツ新聞は”夜空に咲いた日本のダリア”と評。”今は壁があるけれど、どちらから見ても花火は同じ美しい!いつか壁が無くなり、皆が幸せになりますよう!”歴史は動く!