2019年4月17日水曜日

アディオス!アミーゴ!

 角館武家屋敷!節句”二宮金次郎”。銅像からは計り知れない人柄。歩き、語り合い、励まし、日本全国600の村を復興。”この土地は他の誰でもない、住む人たちが一鍬一鍬耕して出来たもの”一人が全て、全てが1つ!
 わらび劇場!45年前、吹雪の中、夢を語った地域劇場。デザインは地域に思いを寄せ、東北一円の民家様式の1つ”中門造り様式”。黄に紅に花は咲かねど、わらびは根っこを誇るもの!何処にも無いオンリーワン劇場。
 ホテル前縮小庭園!山野草、次々開花!日陰、日当たり、その場所に合った色を醸す。白い”菊咲き一華”側に未だ花を見せない”雪笹”も顔を出す。稽古場では、再演”ジパング青春期”。当たり前に在ったもの。”愛、再生”
 庭のデザイン茅葺屋根。劇場、地域、”茅葺屋根”の武家屋敷。同じ若き職人が伝統技術を親方に1から習い継承。”茅”、暮らしの智慧。震災の日、自然と離れてしまった人間生活に気付く。被災地から落葉に触れ感動する御客様。
ホテル売店!海外からの御客様。アメリカでは、スペイン語も日常。アミーゴ!友だちになろう。アステカのジパング”ミゲル”。風に翼を広げるコンドル。稲の実りに飛び交う伊達の雀の舞!土から、川から、海から生まれる命。

2019年4月13日土曜日

足元に泉!命の中に愛

 角館武家屋敷!根元から三つの株。小さかった時、芽吹いた時、一本が二本に,二本が三本に。どんな時代を見つめて来ただろう。屋敷塀の中で、人の、自然の、暮らしの移り変わりと共に生きる樹木。
 春!低木の上には、万作がキラキラ光る一ヶ月。足元に次々、山野草の始まり。”シュンラン(春蘭)。遠く遠く”光り”を探す。でも、宝も泉も、自分の足元にあり、湧いて来る。生きた時間が美しい水を生む。
 フカフカの腐葉土は、庭木の落葉。わらび劇場”いつだって青空!”開幕!空に行った温かい眼差しも生きて微笑む。ユキワリソウ(雪割草、白花)。稽古場では、ジパング青春期!吉野の山は、京都。一座が歩いた道。
 ホテル前縮小庭園、枯山水の石組み”片栗花”。花籠の様に風に揺れる。花の文様もエキゾチック!世界は海で繋がっている。水の星”地球”。皆が幸せだった時代。貧しさの中でも笑顔や歌が弾けた時間。思い出。
ホテル売店!作品に夢を重ねた舞台部スタッフデザインティーシャツ!そして、キーワードとなる”ドーナツ”。女性が動き出す。世界を見つめ、互いを見つめ、皆が幸せになる日を夢見た人が、ここにもいた。井口あくり。

2019年4月10日水曜日

変化を生きる!

 角館武家屋敷!石灯籠のある庭。植えられた木々は、家人に見守られ270年の大樅と共に生き続ける。御国代えがあり、戦があり、江戸、明治、大正。語る人。木々と石は寄り添い伝える”時代”の風景。
あきた芸術村ホテル裏林。コナラの自然林が残る。林の中の”福寿草”。人間の手が入らない強さ!美しさ。変化の中を命は生き抜く。生まれ、見守られ、育ち、出会い、友を得、家族、仲間、そして巡る命!
 ”片栗花”が寄り添う!ホテル前庭で山野草が蕾を持ち始める頃、刺巻湿原の”水芭蕉”も一面に蕾を持ち広がりを見せる。小さな”花暦”がここにはある。皆違って皆良い。異なる事こそ希望。先達が残した宝の言葉。
 ホテル前縮小庭園!”縮小”と呼ぶ所以。近隣の山々に咲く花、木々がギッシリ詰まった小さな庭。ウスバサイシン(薄葉細辛)別名”馬の鈴草”!暮らしが思われる山野草の名前。草花が心を癒し、薬や食であった時代。
ホテル売店!わらび劇場”いつだって青空”!開幕まで3日!秋田の御母さんと呼ばれた”和崎ハル”江戸を経て、女性が学ぶ時代が始まる。井口あくり。”アメリカ”でスウェーデン体操を学ぶ。世界は、どんな音を立てていたのだろう。

2019年4月6日土曜日

チャレッソ!清明

 角館武家屋敷!来春まで、お蔵入り。雛壇を彩る三つの顔。泣き、怒り、笑い。大変な時ほど、リラックスして焦らず、楽しみながら進む。わらび座”金次郎”不動の滝のシーンを思う。沢山の人と分り合う”生きて行く笑い”
 ホテル前縮小庭園。寒さ続きに春一番の山野草も固く蕾を閉じる。でも温かい土がある事を教えてくれる葉の見事さ!チャレッソ!良く頑張ったね!世界には優しい言葉がある。人間の美しい姿がある。地球から生まれた命。
 片栗花の周りにには群生のユキワリソウ(雪割草)!花が開かないと見えないけれど、温かい日を待つ!秋田の雪と木々、水墨画からセピアの春の紅葉に変り、花が一斉に咲く日が来る!待ち続けた春の美。
 ぷつぷつ、、、。あっちにもこっちちにも。二十四節気”清明”。透き通る風の吹く季節。暴風は、春の開幕!鉄の扉も開く優しい言葉。落葉は、昨年咲き誇った木々の命。沢山の命がリレーの様に連なり支え合う。
ホテル売店!籠アレンジのクロッカス。春の顔”ばっきゃ”(フキノトウ)山葡萄の籠編み。伝説になる手作業、細工がある。売店で見つけてみよう!”ゆすはら物語”。四国、龍馬の脱藩道に見つけた日本の宝!

2019年4月3日水曜日

寒!12ヶ月の未来図

 角館武家屋敷!温故知新。古きの中に、新しきがある。日本人の丁寧な仕事、精密さの不思議。春の暖かさの後に繰り返す”寒”。駒の雪渓は”種蒔き”の嘶き!”背に雪の無い”駒が呼ぶ!12ヶ月の水。日本列島の美しい命!
 繰り返す寒に人間は震える。福寿草!寒さの中で黄色の花が”金色”に変わる。寒さの中にピンと張り詰めた”清らかな風”。背を伸ばし山を見る。地球が生きている。奇跡の星”地球”。全ての命は、1つ。
 和歌山の御客様から金毘羅参り。劇場開幕に向けて植えたパンジーにも雪。”草履を飾る”古の文化。生涯”自分の足”で歩けるように!お足が尽きませんように!”稲作文化”のささやかな願い。”藁”を生かす天下の民。
 雪を被っていても温かい場所には、もう”片栗花”(かたんこ)が蕾を擡げる(もたげ)。種から花咲く日まで8年!一人で花は咲かない。種香”エライオソーム”は、蟻の揺り籠の香り。土深く運ぶ働き者。雪は命の水!
ホテル売店!長い歴史は、スタッフと共に。”御客様の喜ぶ顔が見たくて!”並ぶ商品の何処にも愛と工夫がある。Always Blue Sky!言葉の壁、文化の壁、男女の壁、心の壁。覗いてみれば夢!シュートすれば笑顔!

2019年3月30日土曜日

優しき宝島!

角館武家屋敷!雛巡りは、女の子に持たせる花嫁道具。5月の節句は健やかに、立派な人であれ!願いと心。毛利の殿様”三本の矢”。1つの村、1つの国、100の民族、100の村。”自分を勘定に入れぬ”資質。
 導かれる人の、地球の歴史。火を持ち進化と発展の道筋。”世界全体の幸せ”涙を堪え託されたバトン!何度雪を被ったろう?寒さの中光る”小さな”命!野の花のように、強く、寄り添い、依存せず”命”を生きる。
 雪融け。ユキワリソウ!太陽に向って花を開く!種を飛ばし、次の世代が。御日様と少しの水があれば、何処だって生きて行ける。震災の日、在って当たり前と思い込んでいた風景。1つの命に100の名医。忘れていた命の力!
 ”わらび劇場”を彩る春の花!寒さに強い”パンジー”。秋田は、桜が咲いても雪の風。寒さにこそ輝く花!クリアブルー!三月は、お別れが続く。ありがとう!元気でいてね。笑顔に悩み顔、そこには人を思う心”いつだって青空”。
ホテル売店!”エコニコ農園ブルーベリーコーナー!働く人、支える人、育てる人、摘み取り、仕分けし、御客様の笑顔を思う。わらび座OBが一杯!子どもを慈しむようにブルーベリーを育て贈り出す”優しき宝島”

2019年3月27日水曜日

人が人を支える”大丈夫”

角館武家屋敷!鉄、板、細工、彫り、組み合わせ。材質を知る。子供たちの周りに”大人の仕事の風景”があった。”遊びながら、学ぶ”。誰かが誰かを支えている。肌で感じる安心!皆が子どもを見守ていた優しい時間。
 ホテル縮小庭園。5月に入ると”シダ”の素敵な古代エリアが出来る。わらび座の舞台で使った”縄文太鼓”リサイクル、そのまま庭石に。ユキワリソウ(雪割草)が甘えるように寄り添い咲く。降る雪、積もる雪、吹雪く雪。
 ゆぽぽ内庭”日本庭園”。秋の台風後、庭を手当てしながら、枯れてしまったハイビャクシンに庭の中から”ナガバユキノシタ”を移動移植。別名アルタイユキノシタ。シベリア、寒冷地方に生息する花。春の花々と可憐な蕾を開く。
 太陽に開いた福寿草。何度も何度も雪!朝は閉じていても、日中陽が挿してくると眩しい光を放つ!大丈夫、大丈夫。漢字が生まれた訳。一文字一文字、その中に”人”がいる。吹雪く秋田から、南の海を見つめる。
ホテル売店!”わらび座”のある”ホテル”。ブッダ上演開幕前、10番弟子”多聞”を伝えて下さった山折氏!”新、四国遍路”著書。源内誕生、長英を匿った地、北前船を見つめ、高田屋嘉平を生み出した瀬戸内!小さな本に想いが散りばむ。

2019年3月25日月曜日

時間軸” 白銀道 ”

 角館武家屋敷!ケヤキの欄間座敷を過ぎて奥の蔵に向う。角館を”語る”。何故ここに枝垂桜があるのか。何故、この碁盤の目の町並みなのか?会津へ、水戸へ、京へ、物語は遡る。時代の波、押し寄せ切り開かれた道。
 震災の後、劇場に向って植えた”花の道”。雪国秋田!春花咲くまで、何度も雪に覆われる。駒の雪渓が最後の雪に形造られ”コブシ”咲く頃、山が嘶く。人生は一度。けれど、繋がる時間軸。生み出される物語。
 雪!水墨画の秋田。太陽の光り、雨の温かさ、地温、地球の体温。全てが揃う頃、ユキワリソウ(雪割草)の乱舞!思慮深い北国の優しさ。自然と共に生き続ける底の無い器の広さ。訪れる他者の行方を当たり前に心配する心。
 伊達の三陸大津波。同じ災害。失った物、変らぬもの。雪の中咲き続ける寒椿。わらび座”ジパング”再演!”忘れないでいてくれて嬉しかったよ”海に抱かれ眠る命。”アミーゴ!友だちだ!”若者の真っ直ぐな瞳。乗り越える”愛”
ホテル売店!探してみよう。” 白銀道をゆく ”。空に昇った銀河鉄道の大切な人たち。ここにも、魂が続いている。レトロな喫茶店で、とても大切な優しい時間を味わう心持。わらび座裏方スタッフ、未来を描く”脚本家”の音。

2019年3月20日水曜日

心を心とせよ。春分!

 角館武家屋敷!”菅原道真”東風吹かば、、。学問の神様。子を想い、土地を想い、生きる場所を豊かにするのは、仁政。歩き、耕し、切り開き、考え、工夫する。人間50年。深く生きる。家族、友人、憧れ!健やかに!
 暖かい太陽の光!次々と生まれる、雪の下で眠っていた”福寿草”。朝は未だ寒い、蕾を閉じて外気が上るのを待っている。なべて悩みをたきぎと燃やし、なべての心を心とせよ。風とゆききし、雲からエネルギーをとれ。
 二十四節気”春分”。金色の花。海に生きる小さな、大きな命。大地と同じ、山や草や木が生き、そこに生息する生き物の命の輪!”人間だけじゃネエか?意味も無く命を殺すのは!”ブッダ登場タッタのセリフ。
 彼岸。手を合わせ、彼の地を想う。人の歴史。生きている人が、人間として生き抜ける様、幾つもの智慧。寂しさ、悲しさ、怖れ、妬み、欲、ありとあらゆる感情渦巻く時代。大地を耕す!花を愛で、”優しい風景を描く”ガーディ。
ホテル売店!明日午前公演にて”浜田謹吾”終了!西洋の風が吹き込んだ江戸末期の少年の心を知る。鎖国が解かれ、世界と対話を始めた日本。東北合同地ビール!インディアPA。トロピカルフルーツの香り!

2019年3月16日土曜日

グリーンブック!GET ALONG

角館武家屋敷!板で綴られた雪囲い。人の手が作る芸術!最後のドカ雪が来て、また暖かい晴れ間。グリーンブック!you can get along. 仲良くなれる。you have to talk !話したい人と話す。違いを超えて繋がる人間、心!
 青空に風がゴウゴウ吹いている!二番目に開花する万作2!丸い蕾から金色の糸が零れる!花と対話する。空と対話する。鳥と対話する。国境が無くなる日。戦が無くなる日。同じ地球に生きる命!ぬちどう宝!
 ホテルロビーは、大道具スタッフにより、桜満開のセット!わらび座のある"ホテル”。職人の居る芸術村!”コブシと紅梅”剪定枝を室内で膨らませロビーへ!”ゆっくり開く”花の美。御客様に、ささやかな春を届ける。
 ホテル前縮小庭園!雪融けの速い庭。雪の重みで潰れた落葉をヨイショと持ち上げて”太陽”に、おはよう!ユキワリソウ(雪割草)葉っぱが三角”ミスミソウ(三角草)”とも。水墨画の秋田!雪融け命の流れる音!
ホテルでは、連日ミニイベント!松浦武四郎!松浦ニシパ!”明日の改革より、今死なんとするアイヌの人たちを!”もうひとつのカイ!本日19時30分、明日フィナーレ16時!役者に写る”優しい日本人”の居た事を。