2020年5月27日水曜日

Illuminate one Corner!一隅を照らす

 角館武家屋敷!もう直ぐ会えるかな?欅一枚板、亀の透かし欄間。奥には生活展示!田植えの始まった秋田。実りは食に!その稲藁が編まれて飯詰めや、赤ちゃんの揺り籠に。壊れても直す、終れば灰が肥料に成る。
 田沢湖ビール前駐車場、枝垂れる(コデマリ、小手毬)。花の名前は、人間の文化。糸を手毬に、生活を共にした動物も暮らしも名前になる。人間と自然、”共存”と言う”愛”。誰も敵にはしない。アフガニスタン中村医師。
小劇場(旧記念館)庭。石楠花(パープルスプレンダー)!雨に濡れ宮澤賢治の”十力の金剛石!高い日当たりでは(ユリノキの花)!武家屋敷(河原田家)は種植え今年100年!学友”賢治”が婚礼祝いに贈ったもの。
 ホテル前縮小庭園!サラサドウダン(更紗)風鈴の様な花形は、風に揺れて受粉。ドウダンツツジ、ブルーベリー。豊かなインドの織物、お洒落な帽子、その国その国の衣類も文化。言葉を越え、民族を越え、互いを尊ぶ。
小劇場(旧記念館)庭!大山蓮華!真っ白な御餅の様な蕾が開く。中には蓮の花。お釈迦様が座しているみたい。葉の色が裏表違い”一日花”故に、茶花の一輪挿しにも使われる。”一期一会”悠久の時間。

2020年5月23日土曜日

アマビエ様ブローチ入荷しました。

みなさまコロナウイルス関係で非常にご苦労されている事かと思います。
一日も早くこの事態が終息し、平穏な生活を取り戻せますように。。。
森林工芸館ショップでも人気の、クルミの木のブローチ【木tch(コッチ)】の
アマビエ様ブローチ入荷しましたー(^O^)/ かわいいーです。

疫病退散っ‼ キェェェェェー‼


サイズ:高さ3cm 巾1.7cm

材質:国産クルミの木
仕上げ:柿渋、蜜蝋
価格:850円(税別)
(送料別、定形外郵便)

贈り物などにもどうぞ、どうぞ。。。

ご注文は森林工芸館へTEL、 FAX、メールなどでどうぞ。(できればメールで)

※森林工芸館ショップ、只今休業中ですが6月6日より土、日、営業予定です。

…アマビエ様 …なんとかよろしくお願いします……。。。

うがい、手洗い、忘れずに。マスクも。。。


小満!The Oriental People(東洋民族)

角館武家屋敷!節句人形(毛利元就)”三本の矢”。集まる温かい心、資材、人材。変らぬ暮らし、仕事、営み。城が在り、支える民が在り、戦があり、災害がある。自家の天地を築く。東方の民、西人の後追わず。
 東屋土手縁、アザレア!全国を公演し、本社わらび劇場には全国から、世界から御客様が訪れる芸術村。何時の時代でも光りでありたい。共に迷い、共に生きる。笑顔を絶やすな。希望を吹き消すな。アフガニスタンそして沖縄。
 シウリザクラ!神奈川の御客様を思う。絶滅危惧種になってしまった、と訪ねて来られた日。この地には、庭中にシウリザクラの芽。地球が命を選ぶ。生きられない環境から自ずと消えて行く。それでも考える。砂漠が緑になった事。
二十四節気(小満)!ホテル前縮小庭園。ヒメシャガが絨毯のよう。水を張った田圃に青空が映る!こんなにも自然は豊かで美しい。農家で修学旅行生と同じ体験をする。食を司る農業職。山の空の恵み。分かち合う心!
ツツジからサツキへ!温泉が湧き、庭が生まれ、沢山のサツキやツツジを頂き移植。大切に育てられた人が居た事を思う。雨の度、又100年先の庭を目指して移動移植。わらび座を想う御客様のある限り。

2020年5月20日水曜日

Worship the mountains山々を拝む!

角館武家屋敷!友だちに会えない三ヶ月。今頃山吹、終ったかな?と手入された庭を思う。金次郎!(歯車って訳じゃなく、もっと柔らかく良い感じに皆回ってる、空も川も人も土も太陽も人も)大地の恵み!
ゆぽぽ、温泉への廊下からは、ライラック!大株から出たヒコバエを外し、植えた物。日当たりが良く、屋根の雪に潰れながらも大きく育った!5月の香風!秋田の風届け! 空は繋がっている。
 中央広場でチェンソーの音!ブナを伐ってブルーベリーに陽を入れる。更に綺麗に切って、積み上げたのは?(空!空!!空!!!)朱雀家ご子息、航平君。(金次郎)の三年、自宅の薪造り。”目立て”も覚えた。
 普段、わらび座の舞台以外で接する事の余り無い役者の皆が庭へ!丁寧な仕事を見ながら稽古や、役へ向う姿を想像する。航平さんは、どんな人と出会い、どんな事に出会い、航空学校でどんな日々を過したろう。
ブルーベリーの花!山々の緑がグッと濃く色付く。山菜や筍が芽吹く!田圃が耕され、水が入る。秋の実りへ向けて雄大な山が励ますように!蜜蜂も飛ぶ。受粉を終えた花が落ちると、実が準備を始める。

2020年5月16日土曜日

Hope is different!異なる事こそ希望!

 角館武家屋敷!三陸大津波、江戸期に起きた災害。人はどう立ち向かい乗り越えたか?災害を繰り返す度、考え試し工夫し、生きた”魂”が響く。わらび座”げんない”御縁。直ぐ側にある”生きた歴史”。
 わらび座社宅(海つばめ)中庭に植えられた芭蕉柳。純白に空に向う花束!植えた人も今は空。小沢トヨさん。風に乗って剛君の(春に降る雪)の音色。中南米ケーナ(コンドルは飛んで行く)体中に風が吹く。世界の楽器。
 ホテル縮小庭園石組み。深山苧環(おだまき)キーカラカラ、キークルクル。狸の糸車。布は糸から、糸は樹木の皮や綿から。温かい服、美しい布。紡ぎ出す人の手。機織る人。機械には出来ぬ心の匙加減。
 小劇場(旧記念館)庭。わらび座(秋田犬)。Laugh and cry share together!共に泣き笑い、分かち合う!(青空!)貴女の夢が叶う様に、、、何処までも相手を思い遣る優しい人間性。本当に大切な物。
ホテル前縮小庭園!山野草(エビネ)鳥が羽ばたく姿にも見える。魔法じゃない。臆病、怖がり。科学、風、機械、どうして飛行機は空を飛べるの?鳥を見つめる。気流に翼を乗せる。何て上手に浮かぶんだろ?

2020年5月12日火曜日

We walk together !共に歩む!

 角館武家屋敷!節句人形。来年こそ。歴史ある物は技。それを生み出す”感性”も残す。流れる川。石に踏ん張る足。渦を巻く河。鯉と糸!撓る(しなる)竿!呼吸!(良く見て試し考える)。石川リキノスケ!
 総務庭樹木下、八重山吹!枝垂れた枝に煌くカンテラ。わらび座事務所玄関の水盤に早速、生けられる。余白に物語。生ける人の感性。音楽にも似た絵。We walk together(衆人愛敬)。
 同じ庭に盆栽。わらび座”政吉とフジタ”の折、御客様から頂いたもの。天の雨を頂く、風に吹かれ力強い盆栽に。子どもを育てるのに似た手入。(百姓は、ホンの少し力を貸すだけだ)リキノスケ劇中歌。
 染井吉野!枝垂桜!ラストの山桜!最後は桜吹雪!地面を染め上げた見事な花。御客様が歓声を上げて通られた日々を思い出す。又一年、庭は育ち、お迎えの準備抜かりなく。(こんな小さな種籾も生きる力が宿ってる)
ホテル裏コナラ自然林!恐らく、この辺りに残る最後の自然林。レンゲツツジ開花!北浦の宴会場、ナイトステージ会場への廊下は、ジブリ背景画、男鹿和雄さんの貴重な絵が並ぶ。今はもう無い風景、遊び、思い出。

2020年5月9日土曜日

Be useful!Tact!役立つ、機転。

 角館武家屋敷!280年の樹木、据えられた石。時と共に傷は増えるのに深みが増す。設計、庭造り、手入、幾多の時間、庭を見つめ手入れした人がある。5月末まで県からの休業。Tact。機転。歴史を越えて。
 総務庭(旧研究所)石楠花、その名も(プレジデント、ルーズベルト)。異国の物が日本に。南方、大阪の花木が江戸末期、岩手の村に。海を超えて、山を越えて、品々と共に”情報”を齎す(もたらす)。(与次郎)
 ホテル前縮小庭園、枯山水石組み。初夏の風に揺れる(イカリソウ、碇草)。わらび座”北前船”。商いに於ける、金よりも大切な約束。荒波を越えて船は進む。黒船の情報を南部百姓が知っていた。民は知、地に生きる。
 ホテル売店前花壇。忘れな草!(政吉とフジタ)レオナールフジタの描いた戦争画。小さな小さな花が描かれた。”アメリカ兵にも日本兵にも、貴方は花を手向けた”。絵描きは絵でしか語らない。凄まじいタッチの”秋田の行事”
造園作業場前。ブルーベリー園に隣接する家具工房入口にはキクモモ(菊桃)別名(源氏車)が満開!愛媛から無添加プリン。銀河鉄道と猫のデザイン。社内を労わる心。もう少し、もう少し、頑張ろう。夜空は、朧月。

2020年5月8日金曜日

森林工芸館ショップ休業延長のお知らせ。

森林工芸館ショップでは、秋田県の緊急事態宣言延長(5月31日まで)を受け、
5月いっぱい休業。 6月は、6日(土)より当面の間、土、日、祝日の営業と
なりますのでよろしくお願いいたします。。。。(9:00~16:00)

コロナめ......ヽ(`Д´)ノプンプン


だめだこりゃ。。。



うがい、手洗い、マスク、忘れずに。。。

2020年5月6日水曜日

地球のステージ!立夏

 角館武家屋敷!GW終了の時。陣羽織に描かれた龍!アジアでは月に昇る龍は神様。地球のステージ!美しい山々と海。世界を歌が奏でる。地球と言う1つの星に生きる人間は家族。
 東屋庭。切り株に大道具スタッフが創った象。斜面に植えた芝桜。後ろは黒船ツツジ。レッドロビンの新芽が紅く目覚め、桜から初夏のツツジへ花暦はバトンを渡す。日本、東北、秋田、仙北、そして世界。
森林工芸館ショップ横ヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ)仙台と京を行き来した謂れの桜。出羽国から京へ、京から秋田へ戻る(小町)。三陸大津波を復興帆船へと乗り越えた伊達藩、(ジパング!)残雪の残る仙北の山なみ。
二十四節気は立夏!束ねたバイカウツギの木陰に山吹。木陰こそ生きる秋田蕗。風土が命を創る。言葉を生み、人を育てる。local relatives !現地の身内。信頼、希望、繋がる心。必ず会える。
あちこちでボランティア。(宗箇さあ)もビックリ!冬企画の薪造り。客演さん、上手過ぎる!迷い無く、丸太の板目を見切る、ドンドン割れて行くコナラの丸太。役に生活、人生が重なる。Live is nature!自然と共に生きる。

2020年5月2日土曜日

本物になる時間、愛!

 角館武家屋敷!もう7年も前。わらび座”げんない”の客演で田沼意次に扮した客演岡さん。当主のご長男、直さん。こんなに近くに源内や、小田野直武縁の(解体新書)がある事にびっくり。現物を撮影させて頂きました。
ソメイヨシノ最後の見せ場”桜吹雪”。真下に咲く(お千世)のトゥリップ!花魁道中、吉次郎再会の名場面。1つの球根が時を経て二つに。来年もう1つ増える。百姓の娘の身売り。堪えて生きて見せる本当の愛を知ったから。
 対面東屋の土手。幕末ガール!(黒船ツツジ)開花!青い瞳と黒い瞳。”異なる事こそ希望です”村田蔵六。葉が黒船の車輪の様で、この名がある。誰も居ない庭に、わらび座は、咲き続ける。本物になる時間。
東北の鬼!縁の淀川ツツジ。(衆民の為に死ぬることは、元より覚悟のことなれば、今更命惜しみ申すべきや)70年を前に、私たちが出来る事。(誰も欠けては居らぬか! )おやじさんの合唱曲が響く。
温泉ゆぽぽ前、三本欅の足元色とりどりの水仙。見上げれば真っ白なユキヤナギ。野鳥が元気に鳴く。数日の涙雨。勇気を頂いた(ラノさん)。空の人に伝える。火の鳥”速魚”。あなたも一緒になるわ私達と!