2017年5月24日水曜日

小満。未来への一鍬!

角館武家屋敷!節句人形の中に"武蔵坊弁慶”。五条の橋で999本の太刀を奪う荒くれ怪力無双。義経の臣下となり、加賀の安宅の関での義経打ち、忠義の僧兵。義経篭るお堂の前で矢を受けた”弁慶立ち往生”。
 歴史の種。命は続く。今会えねども、その命の繋がる事を”生命体”に感じる。ホテル裏コナラ自然林。早春咲いた"片栗花"の種。硬い殻が割れ、種が飛び散る!その種は、アリに運ばれ”8年”を経て、次の花となる。
 今年も東北の雪融けの山々に咲いた片栗花。生きる事、生きている事。未来への一鍬!命が他の命と関わり、目に見えぬ、助け合いがある事を土に生きる人間は自ずと知る。どんな命も美しい。
 ゆぽぽ、お食事処ばっきゃ前、コデマリ。真っ白な滝の如し!水の様に、太陽の様に、澱みなく降り注ぎ、流れ行く命。目に見えぬ音が聞こえて来る。それぞれの"理屈”。二宮金次郎。全てが和を成す理屈がある。
東屋庭。マツバツツジ。純白!間も無く”白”の花咲く季節。甘い香り、揺れる花。人の歩いた足跡。作り出す手職。心に残る、他者を想い、守る姿。二十四節気"小満"を過ぎ、命溢れる東北!荒波を超えて母なる海へ!

2017年5月17日水曜日

小さく満!結ぶ

 角館武家屋敷!節句人形、二宮金次郎!わらび座作品KINNJIRO!ただ今掛川へ。”学問”を暮らしに人の心に寄り添い実践した人。何とかなる!工夫、智慧、考え。”それぞれの理屈”二十四節気"小満”へ!
 ホテル前縮小庭園石組み!ミヤマオダマキ(深山苧環)。糸車。昔からそこにあったかの様に種が飛び、土に潜り、自分の場所に”魅せて”咲く。木陰ならではの美しさ。結ぶ命!土と水と太陽!
 エビネ。山野草。遠くから見ると十字の様にも、鳥が羽ばたいて居る様にも見える。わらび劇場"ジパング青春記!アミーゴ!侍に逆らうリウタ。津波に飲まれた姉を想う。悲しいとかそんなんじゃない。心は怒りで一杯だ。
 残された者の苦しみ、悲しみ。無情にも世は”普通”に動いて行く。”竜”の名を持つリウタ。人を助く名前。アミーゴ!友だちになろう、アステカのミゲルの心は、空高く飛ぶ。故郷を愛する同じ気持ち。石組みのツツジ。
武家屋敷庭。八重山吹(ヤエヤマブキ)。12代目が自ら手掛ける竹の生垣。枝垂れが美しい万葉歌を想う。故郷は、その土地の人が一鍬一鍬耕して出来たもの。愛でる心。働く手仕事。美しい風景を描く心。

2017年5月13日土曜日

2017年5月・6月イベント情報【田沢湖ビール】

GWも終わり、ビールイベントがどんどん開催される時期になりました♪
現在決定している5月・6月のイベント情報です!
全て入場は無料です♪

けやきひろば春のビール祭り

期間:5月17日~21日
開催時間:5/17 16:00~21:00
       5/18~20 11:00~21:00
       5/21 11:00~20:00
場所:さいたま新都心 けやきひろば

全国各地のクラフトビールや海外ビール、おつまみ、全77店舗が出店する日本最大級のビールフェスティバル!
田沢湖ビールは【41番ブース】!日替わり・時間替わりで8種類のビールを提供致します。
今年も神楽坂ラ・カシェット様とのコラボ出店で、人気のきりたんぽ鍋・いぶりがっこもあります♪


楽天イーグルス クラフトビールと餃子WEEK (情報追加!)
 
期間:5月30日~6月1日
開催時間:開場1時間前~試合終了30分後まで
場所:仙台市・Koboパーク宮城 正面広場

今年も交流戦期間に開催決定!
東北楽天ゴールデンイーグルス様本拠地のKoboパーク宮城に、東北各地のクラフトビールと全国各地の名物餃子が大集結!
田沢湖ビールでは4~5種類のビールを販売予定です♪
美味しい餃子とのマリアージュ、そして楽しい野球観戦にお越しくださいませ~(^^)/


東北絆まつり仙台 (情報追加!)
 
期間:6月10日~6月11日
開催時間:6/10 10:00~20:00
       6/11 11:00~17:00
場所:仙台市内・勾当台公園

昨年の青森開催で6市を一巡した「東北六魂祭」
更なる復興とその先の未来に向けて前進するため、新たな祭り「東北絆祭り」が開催されます。
田沢湖ビールでも生ビールや東北・秋田産ソーセージの販売を予定しております。



城北公園フェア2017
 全国地ビールフェスティバルinあさひ

期間:6月3日~6月4日
開催時間:6/3 11:00~19:00
       6/4 11:00~18:00
場所:大阪市・城北公園

昨年、約3万人の来場者でにぎわい、3年目を迎える「城北公園フェア2017」
さらにパワーアップして子供から大人まで楽しめるイベント&グルメがいっぱい! 
全国各地の地ビールが集まるビールフェス共催です!



北海道・東北地ビールフェスティバルin秋田2017

期間:6月16日~6月18日
開催時間:6/16 16:00~21:00
       6/17 11:00~20:00
       6/18 11:00~17:00
場所:秋田市・エリアなかいち にぎわい広場

秋田の地ビール三大祭り、今年も第一弾はこちら!
北海道・東北のブルワリー11社が出店、ビールの種類は50種類以上楽しめます♪
東北ミートフェスティバル共催で、各地の美味しい肉料理もたくさん!


上記の他、情報解禁待ちのイベントもございますので随時更新予定!

イベント時のリアルタイム情報は田沢湖ビールFacebookをチェックお願いします♪
https://www.facebook.com/tazawakobeer/



2017年5月10日水曜日

巡る命!新緑の山桜!

 角館武家屋敷!傷寒論、婦人病。日記を書き残した七代目。次男”種痘の神様”高橋痘庵。こちらのお宅に”解体新書”や医術書が残る所以。張仲景の編纂した傷寒論は、漢方医学の祖。その頭脳、洞察力!学んだ人。
 ヨドガワツツジ(淀川躑躅)開花!サツキの五月。風が起きる!土に生まれる命。巡る命。新緑の山々は、夫々の木々の個性を主張し、それで居て1つの奥羽山脈を形成する。皆1つの地球から生まれた。共に生きる。
 わらび座制作場壁!”和崎ハル”さん女学校正門セット。”秋田の母”!身売りを当たり前とした時代に抗い、その1つを変えて言った”優しい日本人”。富士の裾野に咲くチューリップ!”げんない”スキナコトヤベシ!命の賛歌。九州へ!
 緑風、揺れる八重山吹!生ける心。愛でる人。酒田を米倉とし北前船航路を造った河村瑞賢。運ばれたのは品だけではない。震災を経て、町と町が助け合い、繋がる!国を超え、土地を超え、海を越え!
ホテル売店!ジパング青春記。石巻、海の品々が内陸の秋田に届く。歴史を掘り起こし、その時代を想像し、今を思う。400年の時を超え、復興は、"心"から始まる事を教えてくれる。漁をする人、品を創る人、売る人、買う人、全ての"和”。

2017年5月3日水曜日

立夏へ!土、空、風!

 角館武家屋敷!桜満開から桜吹雪へ!自然は一斉に花暦をめくる。力強い緑の芽吹き。展示も五月人形へ!一枚の下絵が波打つ。ぴんと張り詰めた糸と曲がる竿。鯉の命、人の命。二十四節気"立夏”へ!
 東屋庭。クロフネツツジ(黒船躑躅)。明日から庭会場でマルシェ!芸術村の面白企画が大集合!地元から手作り店舗さんも所狭しと並ぶ。土、空、風!広い海が花を通して見えて来る。江戸の日本。黒船。
 昨年初、タイから修学旅行!記念植樹はヤエベニシダレとブルーベリー。知らなかった国が"友だち”になって直ぐ側へ。大切に雪を越し、春の強風から苗木を守る支柱を付け”国旗”を飾る。真心と感動に出会う旅。
 ホテル前縮小庭園では、枯山水上流にシラネアオイ(白根葵)が満開。今日開花し始めた山桜も和を醸し出す。日本の風土。高山で見られる高貴な色の花。今年も又、100年の命、一年の命。明けて行く時代。
ホテル花壇"勿忘草(わすれなぐさ)”。貴方を忘れない。土を蹴り、土を踏み、悲しみを振り払い東北に生まれた"心の結い”民族舞踊。空に昇った命も抱きしめ生きる、共に生き続けた土の民の歴史。ジパング!

2017年4月28日金曜日

田沢湖ビールレストラン【GW中】営業について

秋田の桜も満開~散り始めになり、春からだんだんと初夏に向かって暖かくなっていく季節になりました!
更にビールが旨い季節になりますね~(*^-^*)

さてさて、田沢湖ビールレストンゴールデンウィーク期間のご案内です。

4月29日(土) 通常営業(ランチタイム予約ストップ
4月30日(日) 通常営業
5月 1日(月) 通常営業
5月 2日(火) 通常営業
5月 3日(水) ランチタイムバイキングのみ ディナータイム通常営業(終日予約ストップ
5月 4日(木) ランチタイムバイキングのみ ディナータイム通常営業(終日予約ストップ
5月 5日(金) ランチタイムバイキングのみ ディナータイム通常営業
5月 6日(土) ランチタイムバイキングのみ ディナータイム通常営業
5月 7日(日) 通常営業

●通常営業時間
・ランチタイム 11:00~14:00
・ディナータイム 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
14:00~17:00はドリンクタイムのため、ドリンクと軽食のみオーダーできます。

●5月3日~6日【GWスペシャルランチバイキング開催!】
ランチはバイキングのみ 11:00~15:00(最終入場14:00)
・ドリンクタイム 14:00~17:00(ドリンクのみオーダー可能です。軽食オーダー不可です。)
・ディナータイム 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)

4/29のランチタイム、5/3、5/4はご予約受付を終了いたしました。
当日の入店は受け付けております。
※お席への案内やお料理の提供等に通常よりお時間を頂く事がございます。

5/3~5/6は中庭などでもビールを楽しんでいただける様、生ビールのテイクアウトも実施致します!
桜吹雪や若葉の下、田沢湖ビールをお楽しみください!

通常営業と違う点が多く、お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいませ。

GW期間中はあきた芸術村で様々な催しも開催されます!
是非足をお運びください!
あきた芸術村のGW→http://www.warabi.gr.jp/?1493349494

2017年4月26日水曜日

”友だち”になろう!

 角館武家屋敷!枝垂桜が映える”黒塀”。桜の黒い幹肌は、水を湛える地球。水を持つ樹なればこそ、切り口が痛み回復を拒む。桜ならではの考え抜かれた手入がある。こちらのお宅は代々"直"の名が継がれる。智と美。
 ホテル前縮小庭園!枯山水流れの上流付近の石組み”ヒトリシズカ(一人静)”。吉野の山に舞う静御前。白拍子。儚げで、知的で、そして美しいその仕事。山野草の名。わらび劇場"ジパング青春記”登場も”吉野”。
 ホテル花壇売店前。15℃超え始める頃咲くチューリップ!”げんない”東北ファイナルは、7/2の男鹿!お千世が"咲かせた”トゥーリップ”。源内や玄白、一座の皆の想いが一輪にある。鍵を掛けて”生きる”。お千世の優しさ”意志”。
 総務事務所庭園。石楠花。雨の中開花!"夏が来れば思い出す、、”南の山では、もう花が咲く頃でしょうか。わらび座70年へ一歩一歩。そこに生きた人の歴史、命が巡り、土に残る植えられた花。信じるものが違っても”友だち”。
ジパング登場。スペイン改めアステカの"ミゲル”。友だちになろう!心に響く言葉。ホテル売店に登場!ブルーベリー園のアイスクリーム!未だ花も咲かぬ今、大切に摘み取られ、保存された実が形を変え品になる。宝石の品!

2017年4月19日水曜日

穀雨へ!海を超えて!

角館武家屋敷!俳諧連歌。次々と言葉での”立ち会い勝負”!御武家の御屋敷に残る人の呼吸。心を裏に”隠し読む”短歌。民の中に普及する頃それは、川柳へと変化。海を超えて来た人の目に映る"日本”。ジパング!
 ホテル前縮小庭園。枯山水の上流。木陰に咲く"シュンラン(春蘭)。雪が遅かった年。花数が増え木の実も莫大な実をあちこちに暴風雨の後残す。小粒でも子孫を残そうとする命の鬩ぎ合いがある。実りの目覚め春開始!
 エンレイソウ(延齢草)。三つ葉が特徴。この花が咲く頃、刺巻の水芭蕉群生が見頃になる。あきた芸術村にいて周辺の山々、自然の営みが予測出来る。周りに生まれた次の世代。二十四節気。間も無く"穀雨”。
 400年前、伊達藩。そして日本。一人の青年にスポットが当たる。わらび劇場"ジパング青春記”。大地震の未だ寒い春。樹を切り出す。”兵の民”達とて季節が違えば仕事の手順も繊細、慎重になり、より結束。”よ~いしょっ”片栗花。
あきた芸術村ホテル売店!石巻から4社協力を得て品々が並ぶ!猫の島!”がんばるにゃん!”樹を切る人。建設をする人。夢を語り、復興の向うに失った大切な命を見ようとする400年前が復活。帆柱を守る!

【駅のビアバルMANMA】YA-YAダイニンググループ様プロデュースで再開します!

寒い寒い冬を乗り越えて、秋田にも春がやってきました!
秋田市では桜の開花が観測、田沢湖ビールがある仙北市も早咲きの桜が咲き始めています♪


さて、3月30日よりリニューアル期間として休業しておりました、田沢湖ビール直営店「駅のビアバルMANMA」(秋田駅ビル内)ですが、ついに4月25日よりリニューアルオープンとなります!

リニューアル後は、秋田で多店舗展開をされている【YAYAダイニンググループ】 様プロデュースにてオープンいたします。

--------------------------------------------------------------------------------
以下わらび座ポータルサイトより引用
  このたび、4月15日付で株式会社わらび座株式会社フード・ボックスが業務提携契約を結びました。

それぞれの得意分野や経営資源を活用した飲食店の運営や新商品の開発を両社が協力して推進することを目的としています。

その最初のミッションとして、「えきのビアバルMANMA」をフード・ボックスのプロデュースで店舗運営することになりました。

いま、4月25日のリニューアルオープンに向けて準備を進めております。さらに魅力アップする「えきのビアバルMANMA」を今後ともよろしくお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------------------------

リニューアル前と変わらず、田沢湖ビール樽生を工場直送でお楽しみ頂ける店舗となります。
今後の詳しい情報は駅のビアバルMANMA新HPをご確認ください。
http://foodbox.jp/manma/

今後も駅のビアバルMANMA並びに田沢湖ビールをよろしくお願いいたします。

2017年4月12日水曜日

大風に帆を揚げて!

 角館武家屋敷!俳諧、和歌。書いた人の名。文字に残された暮らしと人生。名前には意味がある。読み解く時、時代が見えて来る。医者である者は、医療器具を残し、文人は文字を残す。庭は、”土”に設計を遺す。
 春一番の輝くマンサクで幕開け。可憐なピンクの山野草が太陽を受ける度次々に目覚める。片栗花(カタンコ)。秋田では、この花の姿を”片籠の様子”と掛けて名がある。籠を手に野を山を歩いた暮らし。ホテル前縮小庭園
 近隣の沢の流れを切り取るように設計されたホテル前庭。いつもより早い目覚め。ショウジョウバカマ(猩猩袴)。花の姿が猩猩で葉は袴の様に地面に這う。春の優しい光に呼びかけられるのか?春開幕の花の色。
 地面を這う様に見つめると、薄葉サイシン(漢方)。花が鈴の様で別名"馬の鈴草"。馬と暮らし馬の鈴がある。”石川リキノスケ”の読んだ歌にも”朝草を刈り取って馬小屋に敷け、そうすれば、良い堆肥が出来る”とある。
春一番?春二番?連日の大風!砂埃と木の葉が舞う!高い場所では雪も降る。大嵐!新しい未来へ帆を揚げて進む!ナガバユキノシタ(別名アルタイユキノシタ)。シベリア地方。過去を思い、現在に生きる。美しい命!

2017年4月5日水曜日

清明!

 角館武家屋敷!歌と”かな文字”。俳諧、短歌。漢字には、志や、意志、音がある。かなには、流れる心情がある筆文字。鉛筆、ボールペン、キーボード、文字の表現は色々な道具が使われるけれど”筆”ならではの知性、心。
 二十四節気"清明”。雪に押し潰された枯葉を押しのけるように小さな力強い花。ユキワリソウ(雪割り草)。日中は暑いくらい。夜と朝の寒さ。未だ芽吹かぬ木立の中で、光の隙間から優しい色が輝く。
 ホテル前縮小庭園。この庭は、近隣の林道を入って行くと出会う風景を縮小して初代が設計。沢沿いに咲き乱れる山野草。枯山水の流れの頂点には古くは”神木”として使われたアカマツが立つ。キクザキイチゲ。
 温かい太陽に次々開花する山野草!ユキワリソウ(白)。木立の陰、心地良い場所に、木の根元や石組みの間、上手に自分を美しく魅せる。自然の中は感動と芸術。小さなファンファーレが鳴る。
15日開幕!わらび劇場"ジパング青春記”。劇場の階段プランターは"ジパング色”。寒さにこそ咲くパンジー。クリアローズ!三陸大地震の流木に庭木も出演。400年前のメッセージが蘇る。わらび劇場のある庭。

2017年4月3日月曜日

「桜鯛のポワレ」登場!

ご無沙汰しておりました。細川です。

当館も4月1日より新年度がスタートいたしました。
人事異動もありまして、新しいメンバーも加わっております。
今年度もどうぞ、HOTELきららかをよろしくお願いいたします。

さて、本日は新メニューのお知らせです。

桜鯛のポワレ」 一人前1,620円(税込) です。

ご夕食の際の追加料理(オプション)としてのご案内となります。
ホームページのオンライン予約など各種サイトにも掲載しております。
もちろん、直接のお電話でも承ります。


食材の手配等もありますので、ご予約はお早目に。

また、「お肉も食べたい!」という方の為に
秋田錦牛のステーキ」もご用意いたしております。
こちらも一人前1,620円(税込)にて承っております。 


ご予約、お待ちしております。

2017年4月1日土曜日

森林工芸館4月催事とショップのお知らせ

4月1日、、、新年度が始まってしまってます。
1年早すぎ、、、この前までサンダル履いて海に行っていたのに。
 秋からの記憶があまりありませんが、なにはともあれ新年度スタートですっ。


■森林工芸館ショップ4月15日(土)より通常営業となります。
営業時間 9:00~16:00  (12月中旬より冬期営業)


木工房では、怒涛のこいのぼり製作の合間を縫っての
角館高校美術コースさんデザインのベンチ製作です。


 


ナラ材のベンチ  こんな感じ



■4月の催事情報です

3月29日~4月3日 伊勢丹府中
4月5日~10日 伊勢丹立川
4月5日~10日 上野松坂屋
4月12日~17日 伊勢丹浦和 
4月26日~5月2日 高島屋京都
   
お近くの方ぜひどうぞ。


花粉に注意~。


バス!

バスはバスでも路線バス!
いよいよ本日より奥羽山荘にも路線バスが来ることになりましたヨ!


こんな感じで奥羽山荘の正面玄関にバス停があり、まさにドアtoドアの利便性です!
実は大仙市のコミュニティバスとして市民サービスも兼ねての運行開始となったようです。

大曲バスターミナル②番乗り場発着:長信田線で、1日6往復します。

多少マイカーよりは時間が掛かりますが、電車の無い太田地域に於いては貴重な足となります。

移動手段の無いお客様がこれにより少しでも足が向くようになればと願うばかりです・・・。 
ご利用・ご来館をお待ちしております。


2017年3月29日水曜日

開拓、原点、何度も何度も。

 角館武家屋敷!格式別三つの玄関。中は、ケヤキの板目を生かした”波紋と亀”の欄間。奥には秋田の農村作業道具、暮らしの道具.勘定方は云わば経理科。城の要。そこに展示される数々の道具。設計と実際。
 ホテル花壇!黄色が一番に咲き、紫。そして最後が白のクロッカス!純白の心。日本列島開拓の歴史。原野を切り開いた人間。何度も何度も。土に尋ね、空を観察し、試し、考え繰り返す。原点は変らず。雪のある土地。
 ばっきゃ(フキノトウ)が顔を出す。5つも摘めば、春の一品”ばっきゃ味噌"が出来る。苦味は、薬の成分を持つ。地で育つ物を頂き生きた歴史。水の恵み、地の恵。虫が土を造る。鳥が暮らし、小さな命は様々な処理をして生きる。
 ホテル前縮小庭園!”マンサク”が輝き始めると、雪融けも加速。最初に顔を出すユキワリソウ(雪割り草)。人間には見えない命が大地にはある。互いに生かし合う命。生きている事で人の生きる空気を作る小さな命。
庭初代が山から担いで植えた庭の木々。25年。34年の樹齢に育つ。押し合う樹幹から1本。シルバースタッフは、嘗て働いた道具を自宅から持参。そんな道具も知らない今。仕事と鍛冶屋。職人。木は奥羽のレストランを温め、土に戻る。