2018年9月19日水曜日

秋分へ!真を打つ!

 角館武家屋敷!歴史と自然と建築物、そして"人”。黒塀の美と大樹を生かし、塀を切るアレンジは人の心。”過去と未来”を見つめ今を生きる。塀に工夫された樹木の生垣も美しい!寒暖差が染める紅葉は直ぐ!
 二十四節気は"秋分”へ!毎週日曜日に御邪魔する武家屋敷から直ぐの"伝承館”。こちらは、様々な”伝統展示”が。中庭で歌い、舞う、わらび座"まめこま”。"和崎ハル”さんを演じた千代さん懐かしい役者が花の様に舞う!
 千代さんと言えば、忘れない名作”つばめ"。朝鮮通信使の物語。美しい音楽、心を掻き毟られる切ない歌。ムクゲの白とチマチョゴリの白。想いを飛ばして舞う。秋の光と朝露。人の心と涙。命の美しさを歌い続ける”わらび座”。
 アンネの薔薇!元株が、気候変動に耐えられず、挿し木にして贈った岩手より、更に孫株となり戻り咲く。”あらぐさの花たち”。"松浦武四郎”。震災の今、人間の強さと美しさを見つめる。柳家さん若、改め"小平太”。真を打つ!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。歴史が暮らしにある。"誰の心にも1つずつ鬼がいる”。皆の幸せの為に涙を落とし、顔を上げ続け生き抜いた先達。メッセージは、何処にも残る。媚びない生き方。空を見ましょう!おたあ。

2018年9月12日水曜日

波!人が人を支える!

 角館武家屋敷!雨のお祭り。神様と薬師様の町祭り。お武家と町人、街中の人たちが繋ぎ残して来た伝統の心。節句の”金次郎”。考える力!”皆が幸せになる事は、お金だって幸せ、全てが1つの丸い和”。
 秋のシュウカイドウ!涙雨。想い人。忘れない心。柔らかい優しい姿の蕾は、ハートの形。植えた人が居て、残す人が居る。愛でる人がある。歴史の波!荒波に向って行く勇気!夢は終らない。若い力が教えてくれる。
 わらび座衣装部壁!大道具スタッフペイントアレンジ。福島から託されたヒマワリの零れ種。雨水も豊ではないこの場所で、自ら芽を出し咲いてみせる。"和崎ハル”さん。御客様が、散歩しながら”懐かしい作品が嬉しい!”と微笑む。
 仙北市ALT!波に乗って渡って来る言葉も文化も違う国の若者。ニーナは、アメリカとロシアの両親。22歳!ホームシックにかかっても、支えてくれる人がいる。母のように見つめてくれる人が居る。優しい日本が大好き!
田沢湖高原ゆぽぽ山荘!一瞬、一日が愛しい。本社から"春ちゃんの薔薇”。いつだって直ぐに花を見て花瓶を即座に決める感性の女将さん。御客様が"御母さん"と呼ぶ。愛溢れる場所。雨、地震、日照り、リッボーン!自然と共に島国がある。

2018年9月5日水曜日

白露!シサム!敬意を込めて。

 角館武家屋敷!秋祭。囃子の音色。軒先から毎年の様に登るフウセンカズラ。タイミングが難しく時期が少し遅れると暑い日差しに苗事態が焼付いてしまう。逆算し”直感”で種を蒔く人。御客様に涼しい木陰。
 二十四節気"白露”。角館駅前を真っ直ぐ。八百屋さん?果物屋さん?中に秘密のスイーツコーナー!”桃”丸ごとパフェ!田沢湖ビール御勤め堺さん御自宅。”さかいや”さん。気さくな御夫妻。庭のドングリと撮影。
 ケヤキ三角点、芝地に置かれた大道具スタッフによる"丸太椅子"アレンジ。明日、遂に"松浦武四郎とアイヌ"渋谷入り!二月に本社に来られた秋辺デボさん。アイヌの歴史と現在と未来を見つめる。守り神フクロウ。
 "あなたに会えて本当に良かった”デボさんのイランカラプテ。わらび座"金次郎”も全国を駆け巡る!宮城県大崎市は、世界農業遺産認定地。親子三代駆けて村に水路を!歴史はバトンリレー!話し合い解決した鎌田三之助!
9月!田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。"当たり前が良いんだ。皆に当たり前の幸せを"金次郎劇中セリフ。ツルウメモドキは、大枝ほど枯れが美しい、、と話してくれる管理人御主人板さん。何度大切な真心を教わったろう。"シサム”