2018年4月18日水曜日

シサム!立派な隣人

角館武家屋敷!わらび座”げんない”作品が有り、登場人物に”角館武士”小田野直武を知る。彼の”解体新書”が秋田の武士、挿絵とは!江戸時代に確かな足取りを見るこの場所。江戸医者必読の傷寒論あり!
 ホテル前縮小庭園!人知れず咲く”ウスバサイシン(馬の鈴草)”。馬に、こんな鈴を付けて木を切り出したのだろうか?名前が伝える過去の風景。サイシンは、漢方薬、鎮痛剤。野山に薬草を知るアイヌ民族。シサム、立派な隣人。
 シュンラン(春蘭)。考えて探さないと見落とす様な足元に、花を擡げる。違う文化、違う歴史、順応。土地に根着けない植物もある。何年も掛けて、その土地に馴染む木もある。共生の時。緑の風が吹く!
 ショウジョウバカマ(猩猩袴)。中国伝説の動物。”もののけ姫”にも登場!長い”袴”の様な葉。花の名には、何処か暮らしや、ユーモアがある。”理由も無く殺すのは、人間だけ”ブッダ登場”タッタ”のセリフ。憎しみより友愛を!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。わらび座の古くからある小さなロッジ。管理人ご夫妻は、海外の方とも懸命にコミニケーションを取る。秋田弁の混じる英語が微笑ましい。御客様に尽くす、、、花が咲く大地の様な人たち。

2018年4月11日水曜日

異文化!心の舵。

 角館武家屋敷!春の”始まり”は遅い。じっと”待つ”力。想像する力。”待つ”からこそ生まれるアイデア、工夫。寒風と雨。駒に追加される雪。蓄えるエネルギー。ただただ服従ではない”意志”を持つ人間。不屈。
 旧暦二月。暖かい場所では片栗花。刺巻には残雪の中”水芭蕉”の蕾が立ち始める。1年は全て土に蓄えられ刻まれる。目に見えない物を見る。止まる事の無い命の流れ。”異なる物”が共に生きる土地。
 ゆぽぽ内庭日本庭園!一冬の雪囲い。昨年の台風。屋根が飛び、庭に突き刺さり、枯山水の玉砂利も飛び散った。白石を一粒直しながら、新しい”設計”と言う花を植える。ナガバユキノシタ。シベリア。異文化、解け合う芸術!
 遊歩道ブルーベリーは未だ囲いの中。縁取りに”ミニ水仙”。落葉を押し退ける様に芽が吹く。”花の道”が生まれる”芸術村の庭”。花を辿れば”わらび劇場”へ!”我らが倒れ土に帰っても我らの跡に花が咲く”アテルイ!
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。お魚クンの丁寧な観察と探究心。”心の舵”ぶれる事無く”愛する”物を見つめる。”絶滅”が”奇跡”に変った田沢湖。忘れない人。諦めない人。想いを繋ぐ人。日本が大好きな旅人が集まる。

2018年4月4日水曜日

シーミー!清明、架け橋!

 角館武家屋敷!二十四節気”清明”。清清しい南東の風が吹く頃!”シーミー祭”。沖縄三大行事の一つ!空と大地、吹く風を感じて生きる。初夏の節句展示には、こんな”マメ玩具”も!見えぬ、会えぬ歴史、暮らし”再現”
 ホテル前縮小庭園!太陽の光に誘われるように次々に開く花達!ユキワリソウ(三角草)。マンサクが低木に輝き、雪の融けた場所からは、可憐な花が顔を見せる。変わり行くもの、変らぬもの。遺伝子に刻まれた”架け橋”
 お天道様に真っ先に開く”福寿草”。秋田の桜は、まだまだ雨に濡れ、蕾を固く引き締める。長い冬が終り、今か今かと春が始まる。”4月の28日頃には、全ての花が一度に咲く!”と話してくれた30年前の先輩も空!
 ホテル前庭は、近隣の林道にある”当たり前”の風景!設計し、石を組み、植えた”初代”!引き継ぐ二代目”庭師”。”医者は三代続いて本物になる”わらび劇場上演は、13年前”よろけ養庵”劇中のセリフ。引き継ぐ心。
田沢湖高原”ゆぽぽ山荘”。元は田沢湖町の”白樺荘”。ロケーションは、お風呂から田沢湖が見える絶景ポイント!長年保養所ラッシュで風景も変わり、又、”元の絶景”へ!温泉も老朽化から泉脈を変え”美肌”の湯へ!